「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

トヨタの思考法

  • トヨタの思考法一覧
  • 第4回「マクドナルド創業者は“小さな仕事に分けてしまえば、何事も難しくはない”と言った」

第4回「マクドナルド創業者は“小さな仕事に分けてしまえば、何事も難しくはない”と言った」

トヨタ自動車の社内で生まれた「自工程完結(JKK)」という考え方を、ストーリー仕立てで解説する書籍が話題です。同書のエッセンスをご紹介します。(2018年9月12日)<佐々木眞一/トヨタ自動車株式会社顧問・技監+一般社団法人中部品質管理協会>

< 1 2 3 >

●手順とは「実施すべきこと」と「その順番」

 

 手戻りなく仕事を進めるにはどうしたらよいでしょうか? そこには、気合いや心掛けではなく、科学的なアプローチが必要になります。今回は、自工程完結の6つのキーワード(1.目的 2.目標 3.最終的なアウトプット 4.手順 5.判断基準 6.必要なもの)のうち、手順・判断基準・必要なもの、について学んでいきましょう。

 

 まず、手順とは、最終的なアウトプットを出すための「実施すべきこと」と「その順番」です。手順を描くやり方は、まず大まかな手順を描き、細かい手順へ分解していきます。具体的には、

 

1)やることを洗い出し、時間の流れで並べる
時間の流れ(前・中・後)、手順の粒度(大・中・小)を考慮して層別する。

 

2)関係者を明確にする

関係者を自分・自部署のみならず、他者・他部署(内・外)で捉え、関係者で一緒に考える。

 

 「手順にヌケやモレはないか」「前後関係は整合が取れているか」「後工程が期待するアウトプットになっているか」などを検討・合意して進めることにより、より質が高く、やり直しのない最終的なアウトプットを得られます。ちなみに、マクドナルド創業者のレイ・クロックは、こう言っています。「何事も小さな仕事に分けてしまえば、とくに難しい話ではない」

 

 

 

 

 では、「女子会の開催」を例に手順を描いてみましょう。大まかな手順は、下記のようになります。

 

【大】プロセス
・前:『企画』→『開催案内』
・中:『食事・歓談』→『会費徴収』→『会計』
・後:『お礼&記録(シェア)』

 

 さらに【大】プロセスの『企画』の手順を細分化し、【中】プロセスの『開催場所の決定』の手順も細分化すると、下記のようになります。

 

【中】プロセス
『開催趣旨の明確化』→『参加者の選定』→『開催日程の決定』→『開催場所の決定』→『予約』

 

【小】プロセス
『グルメ情報の収集』→『参加者の要望聞き込み』→『候補地の選定』→『お店の決定』

 

 

※※※セミナーのご案内※※※
■「トヨタ流自工程完結」シリーズ 段取り力向上
〜やり直しを無くしモチベーションがあがる仕事の進め方〜
アイデム人と仕事研究所では、トヨタ認定講師によるトヨタ公式研修を開催します。
ホワイトカラーの労働生産性を高める手法をご指導します。「同じ失敗を繰り返す」「資料の作り直しが多い」「ムダな会議が行われている」等のお困りごとがある方にお勧めです。
11/15大阪開催

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第78回「自分に向いた仕事」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

よくわかる評価制度の作り方

[第6回「評価制度は運用が命」]
人事評価制度を作る上での基本的な考え方から、評価シートの作成方法、実際の運用までを分かりやすく解説します。

人材育成のツボ

[部下育成は、強みを活かすべきか、弱みを克服すべきか?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook