「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 正社員のセクハラ経験率は34.7%―妊娠等を理由とする不利益取扱い及びセクシュアルハラスメントに関する実態調査(JILPT)

正社員のセクハラ経験率は34.7%―妊娠等を理由とする不利益取扱い及びセクシュアルハラスメントに関する実態調査(JILPT)

労働政策研究・研修機構は、「妊娠等を理由とする不利益取扱い及びセクシュアルハラスメントに関する実態調査」の結果を公表した。この調査は、有期契約労働者の育児休業取得状況等の実態や、妊娠等を理由とする不利益取扱い等及びセクシュアルハラスメントについて、無期契約労働者との比較をすることで、施策の方向性の検討に活用することが目的。


【ポイント】
◆妊娠等を理由とする不利益取扱い等の経験率は21.4%。経験者との関係は「職場の直属上司」(29.9%)だけでなく「職場の同僚、部下」(14.9%)からもある。また男性からが多いが(55.9%)、女性からも行われている(38.1%)


◆防止対策に取り組んでいる企業では、妊娠等を理由とする不利益取扱い等の経験率が低くなるとともに、出産後も働き続ける女性の割合が高くなる傾向がある


◆セクシュアルハラスメントの経験率は28.7%で、雇用形態別にみると正社員では34.7%、パートタイマーでは17.8%となった


詳しくは労働政策研究・研修機構のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[自己啓発をしない社員に「けしからん!」と思う前に]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

シゴトの風景

[第86回「3社目で得た平穏」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[イチローから学ぶ“しなやかに仕事をする”ヒント]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook