「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 「働けるうちはいつまでも」が最多―「高齢社会に関する意識調査」(厚労省)

「働けるうちはいつまでも」が最多―「高齢社会に関する意識調査」(厚労省)

厚生労働省は、「高齢社会に関する意識調査」の結果を取りまとめ、これを公表した。この調査は、高齢期に関する意識の傾向を捉え「平成28年版校正労働白書」の作成に当たっての資料を得ることなどを目的として、平成28年2月に実施したもの。調査対象は40歳以上の男女3,000人。


【ポイント】
◆現在就労中もしくは就労希望の人に対し、何歳まで働きたいかについて尋ねたところ、「働けるうちはいつまでも」が最も多く31.2%、「65歳くらいまで」が25.7%となった


◆高齢期の就職希望理由について尋ねると(回答は2つまで)、「経済上の理由」が最も多く68.1%、次いで「生きがい、社会参加のため」が38.7%となった。年齢別にみると、年齢が低くなるほど「経済上の理由」をあげる割合が高くなった


◆高齢期に就労するために企業に望むことについては、「健康や体力に配慮した配置、社内での健康づくりの取組などの健康管理」が最も多く35.2%、次いで「経験・知識・能力の適切な評価」が26.4%となった


詳しくは厚生労働省のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[働きやすいだけではダメ!「ゆるブラック企業」にならないために]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第74回「ドゥームスクローリングの悪夢」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

おさえておきたい人事労務トレンド/飯塚知世

[第2回「HRテックを導入する〜採用管理編〜」]
人事労務に関わる業務で、知っておきたいトレンドやこれから注目されることなどについて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook