「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 同一労働同一賃金への対応、300人以上企業の約3割が「まだ検討段階で着手せず」(日本生産性本部)

同一労働同一賃金への対応、300人以上企業の約3割が「まだ検討段階で着手せず」(日本生産性本部)

公益財団法人 日本生産性本部は、「第16回 日本的雇用・人事の変容に関する調査」を実施し、結果を取りまとめ、公表した。
本調査は、日本的な雇用・人事の潮流を把握し、企業・組織の制度見直しや働き方改革推進の一助とすることを目的に、1997年より、全上場企業を対象に不定期で実施している。
今回の調査は第16回にあたり、2019年1月下旬から3月下旬にかけて実施した。

 

調査対象 :上場企業 1,947 社の人事労務担当者
回答企業 :102 社(回収率 5.2%)

 

【結果のポイント】
◆働き方の見直しにつながると思われる施策の導入率については、「在宅勤務制度」37.3%と前回調査時(2016年)の18.8%から約2倍、在宅勤務制度以外のテレワーク制度を採り入れている企業も21.6%(前回調査8.3%)と増加している

 

◆同一労働同一賃金への対応として、特に基本給に関しては、300人以上企業の約3割が「まだ検討段階で着手していない」と回答しており、特に対応が遅れているのは、「会社業績等への貢献に応じて支給する賞与」37.5%となっている

 

◆60歳以降の雇用確保措置としては、「再雇用制度のみで対応(定年は60歳)」という企業が75.5%と大多数を占めている一方で、65歳以上に定年年齢を引き上げたという企業は、前回調査では5.3%だったのに対して、今回の調査では10.8%と増加している

 


詳しくは公益財団法人 日本生産性本部のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook