「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

労働時事ニュース

  • 労働時事ニュース
  • 大学生、大学院生の就職活動量が減少―2019年卒学生の就職活動の実態に関する調査(全求協)

大学生、大学院生の就職活動量が減少―2019年卒学生の就職活動の実態に関する調査(全求協)

公益社団法人全国求人情報協会の専門部会である「新卒等若年雇用部会」は、調査・研究活動の一環で、民間企業・団体への就職活動を経験した全国の大学4年生・大学院2年生を対象とするアンケート調査を実施し、2019年卒学生の就職活動実態をとりまとめ、公表した。

 

調査対象:民間企業・団体への就職活動を在学中に経験した全国の大学4年生・大学院2年生1,464名

 

【結果のポイント】
◆民間企業・団体への就職活動を経験した大学生・大学院生の9割以上が3月時点で進路確定した

 

◆大学生の就職活動の各プロセスにおける活動量(平均)は、プレエントリー23.4社、企業説明会参加14.5社、書類選考10.9社、面接など対面選考7.7社と、いずれも前年を下回り、就職活動量が減少した

 

◆大学生の3割が「インターンシップ参加企業・各種団体等に入社する予定」、4割強が「まったく異なる業種の企業・各種団体等に入社する予定」と回答した

 


詳しくは公益社団法人全国求人情報協会のWEBサイト

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[「私はウニ」から始まる外国人労働者とのミスコミュニケーション]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第4回「最悪の事態を考える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第88回「意表をつかれた異動辞令」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook