「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

  • アンケート調査
  • 2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2016年6月1日状況・6月15日状況〈臨時調査〉)

2016年06月28日

2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2016年6月1日状況・6月15日状況〈臨時調査〉)

2016年6月1日状況・6月15日状況(臨時調査)  2017年度の就職活動を行なう学生の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する学生調査を実施しました

この調査の全文データはこちら

2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2016年6月1日状況・6月15日状況〈臨時調査〉)


2016年6月1日状況・6月15日状況(臨時調査)

2017年度の就職活動を行なう学生の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する学生調査を実施しました


≪進捗状況≫


▼就職活動の進捗状況(6月1日時点)

【主な活動】

 「面接・試験段階」43.1% 「内定獲得/就活継続段階」27.5% 「内定獲得/就活終了段階」18.4%


【各活動ステータスに到達した学生の割合】(6月1日時点)

「面接・試験段階」91.6% (前月比+8.3ポイント、前年同月比+6.4ポイント)
「内定獲得段階」47.9% (前月比+24.7ポイント、前年同月比+16.8ポイント)


内定獲得率は、6月1日時点で47.9%、6月15日時点で60.1% 半月で12.2ポイント上昇


「内定獲得/就活終了段階」は、6月1日時点で18.4%、6月15日時点で35.5% 半月で17.1ポイント上昇


▼内定獲得社数

 6月 1日時点:平均1.8社 6月15日時点:平均2.2社


▼1日の活動時間
「就職活動に費やす時間」3.6時間 「学業に費やす時間」3.3時間


▼面接選考企業数
「5〜9社」30.7% 「10〜19社」29.4% 「1〜4社」27.7%
平均8.6社 前年同月調査(6.8社)より1.8社の増加 前回調査(6.4社)から2.2社の増加


▼現在選考中の企業数
「5〜9社」30.1% 「1〜2社」25.4% 「3〜4社」21.2%
平均5.3社 前回調査(6.6社)から1.3社の減少

▼就職活動の進捗感

「予定よりも進んでいない」43.7% 「予定よりも進んでいる」29.0%
「予定通り」27.2% 「内定なし」学生の66.8%は「予定よりも進んでいない」


≪今後の就職活動予定≫


▼企業への新たな応募予定がある学生
6月1日時点:64.5% 6月15日時点:67.8%
3月1日以降減少し続けていたが、6月15日時点で初めて増加


▼今まで興味がなかった“業界” や“職種” への応募を考えている学生

【業界】6月1日時点:58.3% 6月15日時点:62.9%

【職種】6月1日時点:43.1% 6月15日時点:49.8%

3月1日以降減少し続けていたが、6月1日時点で初めて増加


▼6月上旬の面接予定

「ある」87.0% 24.7%が「5月上旬」以前に面接予定が決定

面接予定企業数は、「2社」24.7% 「1社」22.9% 「4〜5社」22.9%

最終面接の予定がある学生は43.9%


▼就職活動の終了見込み時期

「6月末頃まで」34.8% 「7月末頃まで」28.1%
「内定あり」学生の59.9%が、「6月末頃まで」に終えたい意向


≪内定企業・入社予定企業について≫


▼内定企業からの意思確認

「内定承諾書等の書類提出」56.8% 「口頭で確認」34.2%

入社予定企業が中小企業である学生ほど、書類提出を求められている傾向


▼内定企業への入社意思表示の期限

「6月」が51.0%で最多 すでに入社意思を表示した学生は58.5%

うち、40.6%が引き続き他の企業に応募する意向


≪学生の意識≫


▼「育児休業」制度の利用意向 「利用したい」 男性49.5%  女性92.0%

▼「時短勤務」制度の利用意向 「利用したい」 男性49.8%  女性89.2%

▼「残業の免除」制度の利用意向 「利用したい」 男性56.1%  女性86.2%

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2019年4月から年次有休の取得義務化]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第21回 時間外労働の上限規制(1)]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第32回「視線に耐えられない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook