「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

  • アンケート調査
  • 親の子供に対する就職期待とキャリア教育に関する調査 (小学校1年生‐中学校3年生)

2019年06月20日

親の子供に対する就職期待とキャリア教育に関する調査 (小学校1年生‐中学校3年生)

小学校1年生から中学校3年生を持つ親に、わが子の将来や就職に対してどような期待や考えを持っているのか、 また、子供が将来より充実して働くために必要な、キャリア教育や夏休みの宿題について調査しました。

この調査の全文データはこちら

親の子供に対する就職期待とキャリア教育に関する調査 (小学校1年生‐中学校3年生)



男子の親は理系志向、母親は安定志向

〜約80%の親が夏休みに、身の回りの大人の働く姿にふれさせたいと回答〜

 

 

 

●【子供の進路選択や働き方に対する考え】 理系か文系か

 70.0%の親が理系に進んでほしいと回答(どちらかと言えば含む)、男子の親は理系進路をより強く望む傾向


●【子供の進路選択や働き方に対する考え】 やりたい仕事か安定した仕事か

 61.2%の親が安定した仕事に就いてほしいと回答(どちらかと言えば含む)、母親の約70%は子供の進路に安定を求める傾向


●【子供の将来に関して不安なこと】

 キャリア教育が必要だと考えている親ほど、子供の将来を不安に思う傾向


●【家庭で行っているキャリア教育】

 キャリア教育として意識して行っていることは「ない」家庭が90.1


●【子供が将来より充実して働くために夏休みに何か経験させたほうが良いと思うか】

 子供に夏休みを利用して何か経験させたいという理想はあるものの、現実にはできておらず、理想と現実には53.5ポイントの乖離がある


●【「身の回りの大人の働く姿にふれるような課題」への参加意向】

 約80%の親が夏休みに、身の回りの大人の働く姿にふれさせたいと回答

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[時給1,000円は高いのか?〜最賃改定、東京・神奈川1,000円超〜]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社GRIT/採用活動は全社員参加 「社員みんなが前向きに働ける職場」をつくる]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

monthly時事トピックス

[同一労働同一賃金、不合理な格差解消「期待する」45%]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook