「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

  • アンケート調査
  • 親の子供に対するキャリア観とジェンダーに関する意識調査

2022年07月08日

親の子供に対するキャリア観とジェンダーに関する意識調査

仕事の話をする家庭では、子供が親の仕事への興味・関心を持つ傾向 〜将来子供が結婚した際は「家事・育児や仕事は平等に行うべき」約7割〜

この調査の全文データはこちら

【家族との会話の内容】

「学校・地域・近所のこと」66.0%、次いで「時事ニュース」47.1% 、「仕事以外の1日の出来事」42.8%。男性より女性の方が全ての回答割合が高い。



【親の仕事への興味や関心】

「持っていると思う(どちらかと言えば含む)」約5割、家族との会話で仕事の話をする家庭では、子供が親の仕事へ興味や関心を持つ傾向



【親の働く姿を見せることの是非】

自身の働く姿を子供に見せることは「良いことだと思う(どちらかと言えば含む)」91.4%



【現時点でのキャリア教育の必要性】

子供に対するキャリア教育は「必要だと思う(どちらかと言えば含む)」親は約8割



【子供の進路選択や働き方に対する考え】

約7割の親が「理系に進んでほしい(どちらかと言えば含む)」と回答、「家庭や個人の生活を優先する働き方をしてほしい(どちらかと言えば含む)」は7割超える



【中学校等学びの場でのジェンダー平等は進んでいるか】

自分が中学生のころと比べて「進んでいる(どちらかと言えば含む)」68.8%



【将来子供が結婚した際の家事・育児や仕事に対する考え】

約70%の親が「家事・育児や仕事は平等に行うべき」と回答、「主に夫が仕事を、主に妻が家事・育児を行うべき」28.3%、年代が低いほど平等意識が高い傾向

 


■調査期間

2022年4月8日〜11日

 

■調査方法

インターネット調査

 

■有効回答

1200名



 

この調査の全文データはこちら

コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第52回「2022年10月からパート等短時間労働者の社保適用拡大」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

キャリア支援ではじめる人材育成/高橋雅美

[第4回「社内制度でキャリアを開発し、離職を防ぐ」]
社員の自律的なキャリア形成の支援に取り組む企業が増えています。実際に取り組むときのやり方について、事例を交えて解説します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[公益社団法人京都保健会 京都協立病院/総合診療・多職種連携で、あるべき地域医療のカタチを目指して]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook