「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

2024年03月05日

2023年12月・2024年1月 イーアイデム会員対象アンケート結果

パート・アルバイト希望者の週当たりの希望勤務時間は「11〜20時間」が44.7%で最多

この調査の全文データはこちら

◆調査結果(一部抜粋)

【週当たりの希望勤務時間】

「正社員」では「40時間以上」が83.3%

「パートまたはアルバイト」を希望する人では、「11〜20時間」44.7%、「21〜30時間」19.7%

「契約社員または嘱託社員」や「派遣社員」を希望する人では、「40時間以上」を希望する割合が半数以上

 

【希望の「週休3日制」の運用方法】

給与据え置きかつ1日の労働時間も変わらない「給与維持型」を希望する人64.9%、給与は据え置きだが総労働時間は変わらず出勤日の労働時間が伸びる「総労働時間維持型」を希望する人19.9%、休んだ日数分の給与は支給されない「給与減額型」を希望する人15.2%。

 

【求人に応募した理由(正社員希望の場合)】

「自宅から通いやすいから」51.9%、「希望する仕事内容だから」38.0%、「能力や経験を活かした仕事ができそうだから」33.3%

 

【求人に応募した理由(パート・アルバイト希望の場合)】

「自宅から通いやすいから」52.5%、「希望の勤務時間数・日数が選べるから」39.4% 、「希望の勤務時間帯だから」37.8%

 

 

 

 

 

•調査期間

►2023/12/02〜2024/02/05 (66日間)

 

•調査方法

►インターネットリサーチ

 

•有効回答数

►558件

 

※調査結果は四捨五入のために合計が 100 %にならない場合があります

この調査の全文データはこちら

コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook