「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

パートタイマー白書

2015年09月28日

平成27年版 パートタイマー白書

限定正社員の現状と可能性

この調査の全文データはこちら

平成27年版 パートタイマー白書のポイント

《個人調査》  


・転居を伴う転勤の可否について、正社員男性の24.7%、正社員女性の48.2%が「異動の辞令を断り、退職する」と回答

・限定正社員という働き方について「聞いたことがある」が約4割

・正社員として今と同じ働き方ができなくなった場合、限定正社員という働き方は継続就業するのに「有効だと思う」が51.1%

・現在正社員で働いている女性の45.0%が「勤務地限定正社員で働きたい」と回答
   

《企業調査》

・企業において「20代・30代」の「正社員」の不足感は強い

・人材の採用・定着に関する課題は「女性活用」が43.8%で最多

・「限定正社員に該当する従業員がいる」と回答した企業は約3割

・限定正社員がいる企業の方が、さまざまなメリットを感じている結果に

・「限定正社員の解雇のしづらさは正社員と変わらない」が約7割

・限定正社員の今後の増減は「現状と変化なし」が多いものの、限定正社員がいる企業では、いない企業よりも増加予想が高い



〜パートタイマー白書は、以下の2つのアンケート調査で構成されています〜

◆働き方に関するアンケート調査(個人調査)

調査対象:20歳から59歳までの男女で、現在、正社員、パート・アルバイト、契約・嘱託社員のいずれかの雇用形態で就業している者


◆雇用に関するアンケート調査(企業調査)

調査対象:30人以上の正社員を雇用し、かつ、パート・アルバイト、契約社員、嘱託社員のいずれかの雇用形態の従業員を雇用している企業の経営者または人事関連部署の監督職以上の者

※詳細な回答者内訳はコチラ                           

この調査の全文データはこちら

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。
コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2020年4月1日施行、派遣労働者の同一労働同一賃金]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第29回 「労働条件の明示方法の変更に伴う運用」のポイント]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[脳・心臓疾患及び精神障害の労災請求件数、いずれも前年度比増]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook