「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新着情報

  • 新着情報一覧
  • 12月6日の「読売新聞(大阪版)」で、「子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(小学校1年生―高校3年生 比較編)」のデータが紹介されました。

12月6日の「読売新聞(大阪版)」で、「子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(小学校1年生―高校3年生 比較編)」のデータが紹介されました。

12月6日の「読売新聞(大阪版)」で、「子供のキャリア観と親の働く姿に関する調査(小学校1年生―高校3年生 比較編)」のデータが紹介されました。

 

〜働く親見た子 将来働き者? 労働への期待 高い傾向〜

 

 親の働く姿を見たことがある子どもは、そうでない子に比べ、将来働くことへの期待感が強いことが、就職情報会社「アイデム」(東京)の調査で明らかになった。

 調査は6月、小学1年〜高校3年の子とその父母計3489組にインターネットで実施。回答は「小1〜4年」「小5〜6年」「中学生」「高校生」の区分で分析した。−中略―

 両親どちらかの働く姿を見たことがある子と、見たことはない子で将来働く期待感の回答状況を比べたところ、全ての区分で働く親を見た子の方が期待感が高く、その差は5〜18ポイントあった。―中略―

 調査担当者は「子どもは身近な大人である親の姿に触れることで仕事についての理解が進み、将来への期待やキャリア意識向上につながる可能性がある」としている。

 

調査本文はコチラ

 

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[「定」の字がなくなる働き方が到来?]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第22回 時間外労働の上限規制(2)]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[外国人が起業しやすい新たな制度を創設]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook