「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アンケート調査

  • アンケート調査

雇用の方向性、労働者の就労意識など、今後の雇用に資するアンケート調査を随時アップしています。

< 1 2 3 4 5 >
2017年04月20日社会保険適用基準拡大・配偶者控除引き上げに関する調査
現在、配偶者控除について、優遇措置を受けられる収入の上限が103万円から150万円に引き上げられる方向で見直しが図られています。また、社会保険の加入要件が緩和され、将来的には106万円以上働くと自身で社会保険料の支払いが発生する可能性(一部企業ではすでに適用)もあります。
労働者にとっては就労調整に、企業にとっては雇用管理に直結する上記の基準変更に関し、双方に現段階での意向や対応について調査を行ないました。
2017年04月05日2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年3月1日状況)
2017年3月1日状況 2018年3月卒業予定学生の就職活動の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する学生調査を実施しました。
2017年03月27日無期雇用転換に関する調査
2013年4月に施行された改正労働契約法では、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えている場合、労働者の申し込みによって無期雇用に転換できるルールが定められています。
無期雇用転換ルールが発動される2018年4月を1年後に控え、アイデム人と仕事研究所では、現段階での労働者、企業の意向や対応について調査を行ないました。
2017年03月08日2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年2月1日状況)
2017年2月1日状況 2018年3月卒業予定学生の就職活動の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する学生調査を実施しました。
2017年02月24日2018年卒新卒採用に関する企業調査(2017年2月1日状況)
2017年2月1日状況  2018年卒学生の新卒採用活動を行なう企業の実態と動向を明らかにするために、新卒採用に関する企業調査を実施しました
2017年02月08日2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2017年1月15日状況)
2017年1月15日状況  2017年度の就職活動を行なう学生の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する学生調査を実施しました
2017年01月17日キャリア支援・就職支援に関する大学調査(2016)
大学等における学生へのキャリア支援・就職支援の実態を明らかにするために、大学のキャリア支援・就職支援部門に関する調査を実施しました。
2016年11月09日2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(インターンシップ)
2018年3月卒業予定学生の就職活動の実態と動向を明らかにするために、就職活動(インターンシップ)に関する学生調査を実施しました。
2016年11月02日2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査(2016年10月1日状況)
2016年10月1日状況  2017年度の就職活動を行なう学生の実態と動向を明らかにするために、就職活動に関する学生調査を実施しました
2016年10月26日2017卒新卒採用に関する企業調査(2016年10月1日状況)
2016年10月1日状況  2017年卒学生の新卒採用活動を行なう企業の実態と動向を明らかにするために、新卒採用に関する企業調査を実施しました
< 1 2 3 4 5 >
人気記事ランキング

【企業に聞く】人が活きる組織

[学校法人甲子園学院/内部改革のカギは、理念の共有]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第1回「社員とパートアルバイトの違い」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[評価と人材育成はセットで行う]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook