「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ミニアンケート

2014年10月22日

わが社の人事部門に関するミニアンケート

わが社の人事部門に関するアンケート調査を実施(平成26年9月)。 人と仕事研究所会員限定コンテンツです(アンケート回答者には、Amazon(R)ギフト券が当たります!)。

この調査の全文データはこちら

「わが社の人事部門」に関するアンケート調査を実施

【実施期間】平成26年9月24日〜10月8日

◎「人事部門の社員」に今後身につけてほしい能力、知識
●全体の回答:「コミュニケーション能力」59.3%、「企画・立案力」「情報収集能力」37.0%
●人事担当者の回答:「コミュニケーション能力」63.2%、「情報収集能力」42.1%、「企画・立案力」「労働・社会保険などの知識」31.6%
●人事担当者以外の回答:「コミュニケーション能力」「企画・立案力」50.0%、「他部門についての理解」37.5%


◎「人事部門」が今後力を入れるべき業務、分野
●全体の回答:「社員のモチベーション向上」59.3%、「採用」55.6%
●人事担当者の回答:「採用」73.7%、「社員の育成、定着」57.9%
●人事担当者以外の回答:「社員のモチベーション向上」87.5%、「人員配置の適正化」50.0%


【調査項目】
◎「人事部門の社員」に、今後身につけてほしい能力や知識など
◎「人事部門」が、今後力を入れるべき業務や分野
◎現在、人事業務を担当しているかどうか
◎人事業務担当者ならではの「悩み」や「葛藤」
◎従業員規模
◎「ユニークな制度」

【アンケート実施中!】(平成26年11月5日まで)
10月のアンケートテーマは「 退職 」についてです。
回答者の中から抽選で2名様に Amazon(R)ギフト券5,000円分をプレゼント! 

皆様からの回答を集計し、後日結果を公表します。
よりよいアンケート結果が公表できるよう、一人でも多くの方のご回答をお待ちしております!


今回の質問内容は…
 ◎退職の意思表示は何日前までに行う?
 ◎退職時の有給休暇の消化状況は?
 ◎退職する社員へのボーナスの支給は?  など  
 
★アンケートに回答するには「会員登録」が必要です
人と仕事研究所WEB会員詳細はこちら

★アンケートの回答はこちらからどうぞ

この調査の全文データはこちら

コンテンツをご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

PDFのご利用について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。
インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ)
人気記事ランキング

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社現場サポート/新卒離職率7年間0%を実現 チーム力と主体性を育てる仕組みを追求]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第3回「強いチームのリーダーはナンバー2を育成している」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[主体性のない社員に自覚を促すことの難しさ]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook