「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

賃金統計データ(レポート)

2015年06月03日

パートタイマーの募集時平均時給 平成27年3月集計結果

東日本エリアは16円増の977円、西日本エリアは18円増の936円。 関東4都県の「製造・建設・労務職」が対前年同月比で36ヶ月連続プラス。

この調査の全文データはこちら

パートタイマーの募集時平均時給 平成27年3月集計結果 

●東日本エリア全体の平均時給は、前年同月比16円増の977円
●西日本エリア全体の平均時給は、前年同月比18円増の936

〜関東4都県の「製造・建設・労務職」が対前年同月比で36ヶ月連続プラス〜

●関東4都県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の平均時給は995円
●関西3府県(大阪府、兵庫県、京都府)の平均時給は960円
  



調査概要     
新聞折込求人紙『しごと情報アイデム』紙面に掲載された第1週、第3週発行分の求人情報から、下記条
件のパート・アルバイトの時給データを抽出し集計した。    
     
【集計対象データ】    
 ●エリア(弊社『しごと情報アイデム』紙面の配布エリア内における都府県)   
   東日本エリア : 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県の全体計
   関東4都県    : 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の全体計と各都県別 ※東京都区の集計も添

   西日本エリア : 大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福岡県の全体計
   関西3府県    : 大阪府、兵庫県、京都府の全体計と各府県別 ※大阪市の集計も添付

●職種

 ※職種小分類は、職種大分類の中からデータ件数の多い職種を抜粋  

     
 ●勤務時間帯   
   深夜時間帯(22時〜翌5時)のデータを除いて集計   
     
 ●データ件数(職種大分類)   
   東日本エリア : 全体計 32,159件
   関東4都県    : 全体計 25,752件
                      (東京都 8,053件、神奈川県 5,224件、埼玉県 7,850件、千葉県 4,625件

   西日本エリア : 全体計 16,941件
   関西3府県    : 全体計  12,840件
                      (大阪府 6,643件、兵庫県 4,104件、京都府 2,093件)
     
【集計項目】    
 ●職種大分類集計   
   25%ile、50%ile、75%ile : 抽出された賃金データを金額の低い順に並べたときに、
               それぞれ下から25%目、50%目、75%目にある値
   最頻値                : データ件数2値以上における、最もデータ件数が多かった時給。
                                最頻値の時給が2値以上ある場合には低い方の時給を表示
   平均値                  : 単純平均値の小数点第一位を四捨五入
     
 ●職種小分類集計   
           平均値:単純平均値の小数点第一位を四捨五入

 

この調査の全文データはこちら

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第14回「コロナ禍をレジリエンスでコントロールする」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第98回「29歳独身。私の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[ポイントはえこひいき!? お客様に選ばれ続けるには?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook