「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

賃金統計データ(レポート)

2019年01月10日

パート・アルバイトの募集時平均時給 2018年12月集計結果

東日本エリアの平均時給は1,089円、西日本エリアの平均時給は1,038円 神奈川県の「飲食・接客サービス職」は集計開始以来過去最高の1,074円

この調査の全文データはこちら

パート・アルバイトの募集時平均時給 2018年12月集計結果 

●東日本エリアの平均時給は1,089円、最頻時給は1,000円
西日本エリアの平均時給は1,038円、最頻時給は1,000円
神奈川県の「飲食・接客サービス職」は集計開始以来過去最高の1,074円

●関東4都県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の平均時給は1,106円
●関西3府県(大阪府、兵庫県、京都府)の平均時給は1,056円
  


調査概要     
弊社が企画運営する求人メディア『イーアイデム』・採用ホームページ構築サービス『Jobギア採促』を利用して公表された求人情報から、下記条件のパート・アルバイトの時給データを抽出し、募集時平均時給を集計した。   
     
【集計対象データ】    
 ●エリア(弊社『しごと情報アイデム』紙面の配布エリア内における都府県)   
   東日本エリア : 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県の全体計
   関東4都県    : 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の全体計と各都県別 ※東京都区の集計も添

   西日本エリア : 大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福岡県の全体計
   関西3府県    : 大阪府、兵庫県、京都府の全体計と各府県別 ※大阪市の集計も添付

●職種

※職種小分類は、職種大分類の中からデータ件数の多い職種を抜粋  

※深夜ワークのデータを除いて集計   

2018年3月データより、データ抽出方法、集計方法・集計条件・職種分類方法等を変更しています。以前のデータは新しい集計規則に合わせて再度集計を行っており、過去にリリースしたレポートとは値が異なっていますので、ご了承ください。

     
 ●データ件数(職種大分類)   
   東日本エリア : 全体計 128,004件
   関東4都県  : 全体計 103,945件
                      (東京都43,106件、神奈川県21,305件、埼玉県23,337件、千葉県16,197件)

   西日本エリア : 全体計 104,787件
   関西3府県    : 全体計 81,603件
                      (大阪府43,221件、兵庫県24,677件、京都府13,705件)
     
【集計項目】    
 ●職種大分類集計   
   25%ile、50%ile、75%ile : 抽出された賃金データを金額の低い順に並べたときに、
               それぞれ下から25%目、50%目、75%目にある値
   最頻値                : データ件数2値以上における、最もデータ件数が多かった時給。
                                最頻値の時給が2値以上ある場合には低い方の時給を表示
   平均値                  : 単純平均値の小数点第一位を四捨五入
     
 ●職種小分類集計   
   平均値                :単純平均値の小数点第一位を四捨五入

この調査の全文データはこちら

人気記事ランキング

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社現場サポート/新卒離職率7年間0%を実現 チーム力と主体性を育てる仕組みを追求]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第3回「強いチームのリーダーはナンバー2を育成している」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[主体性のない社員に自覚を促すことの難しさ]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook