「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マナバンク〜学びのヒント〜

【事例】パートスタッフにコミュニケーション研修を実施した理由

ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。(2019年6月20日)

< 1 2 >

 コミュニケーション研修は仕事がスムーズに進むように、良好な人間関係を築くためのコツやヒントを得るためのものです。上司や同僚、顧客とのやりとりで行き違いや勘違いを起こさないよう、意思伝達の考え方や手法を学びます。円滑なコミュニケーションは働きやすさを促進し、ひいては会社の発展につながるものと考えられます。

 

 研修内容は、コミュニケーションをとる対象によって変わります。大きく分けると社内向け(上司と部下など)と、社外向け(顧客や外注先との関係づくりなど)になります。また、目的が「コミュニケーションの活性化なのか、スキルの向上なのか」によっても変わってきます。

 

 実際に私どもで実施した、A社のコミュニケーション研修の事例をご紹介します。

 

 

 

 

 

■対象はパートスタッフ

 

 A社からの依頼は、パートスタッフを対象にした研修を実施したいというものでした。下記、依頼内容のポイントです。

 

 

・研修はパートスタッフを集めた慰労会の中で行うので、仕事だけでなくプライベートでも応用可能なものにしたい

 

・社内の規定上、賃金で報いることが難しい。そこで何かできないかと考え、研修を設けることになった。定着の施策としても考えている

 

・各事業所にいるパートスタッフたちは業務で連絡を取り合うことはなく、コミュニケーションをとる機会がない。研修を通してパートスタッフ同士がコミュニケーションを図れるようにし、横の連携につなげたい

 

・パートスタッフは仕事上、若手からシニア世代まで、さまざまな年齢層の社員とコミュニケーションをとることが求められる。研修でコミュニケーションスキルを学び、業務の橋渡し役としての役割に生かしてほしい

 

 

 以上の要望を踏まえ、研修のゴールとして下記の2点を掲げました。

 

 

<研修のゴール>
・さまざまなコミュニケーションの手法を学び、場に応じて実践できるようになる
・普段別々の事業所で働いているパートスタッフ同士の横のつながりを強化する

 

>>>次ページにつづく


 

 

●文/三宅航太
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWebサイトで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの企画・編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業を取材。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[「私はウニ」から始まる外国人労働者とのミスコミュニケーション]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第4回「最悪の事態を考える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第88回「意表をつかれた異動辞令」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook