「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マナバンク〜学びのヒント〜

中途採用者の早期戦力化を図る

ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。(2019年9月19日)

 採用した人に定着してもらうことは、企業にとって重要な人事課題の1つです。少子高齢化は止まらず、この先も労働人口は減少していくことが予測されています。そうした状況下、定着は人事戦略上、これまで以上に大きな役割を求められていると言えます。

 

 定着の実現には、さまざまな面から労働環境を整える必要があります。入社後1年未満の退職理由は、「職場になじめない」といった人間関係や社風といった環境に関連したものか、「入社前とのギャップがある」というリアリティ・ショック(理想と現実とのミスマッチ)に起因するケースが多いと言われています。

 

 そこで最近注目されているのが、アメリカで生まれたオン・ボーディングという考え方です。「船や飛行機に乗っている」ことを意味する「on-board」から生まれた言葉で、本来は船や飛行機に新しく乗り込んできたクルーや乗客に対して、必要なサポートを行い、慣れてもらうプロセスを指します。

 

 

 

 

 オン・ボーディングはそこから派生したもので、採用した新人の定着を支援し、なるべく早く力を発揮してもらえるようにサポートすることを意味する人事施策です。対象は新卒者に限らず、すべての中途採用者(若手や中堅、幹部クラスなど階層は問わない)が含まれ、継続的に行われます。

 

 新卒者は多くの場合、入社時に導入研修というステップを踏みます。学生から社会人・企業人へとスムーズに移行してもらうためです。一方、中途採用者は新卒と違って社会経験があり、即戦力としての期待がかかるケースが少なくありません。ですので、入社直後に十分な意識付けが行われず、導入のための研修は省かれることが多いでしょう。

 

 しかし、中途採用者も新卒者と同じく、その会社では“新人”であることに変わりはありません。入社時に研修などを設けて必要な導入を行うことは、身につけてきたスキルや経験を早期に発揮してもらうこと(=即戦力化)につながります。

 

  

 


●文/三宅航太
2004年、株式会社アイデム入社。Webメディア管理グループ所属。同社がWebサイトで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの企画・編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業を取材。

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マネジャーの仕事/田中和彦

[第35回「男性部下からの育休申請に、どう対処すればいいか?」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

判例に学ぶ労使トラブルの処方箋/岡正俊

[労働条件通知書の記載と職種限定契約〜K事件(京都地裁平成30.2.28判決、労判1177号19頁)〜]
近年、労働関係の訴訟は社会的関心が高まり、企業にとって労使トラブル予防の重要性は増しています。判例をもとに、裁判の争点や予防のポイントなどを解説します。

時事トピックス

[一般労働者の平均賃金は月31万8,300円、30年ぶりの高水準]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどをピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook