「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

第5回「テレワークを実現する方法」

近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。(2021年8月3日)

< 1 2 3 >

 前回(4回)は、オフィススイートを活用して組織のコミュニケーション手法を変えていくことをお伝えしました。下図、IT活用のステップにおけるレベル2です。

 

 


(東京商工会議所発表資料を元に、著者作成)

 

 

 

 ITツールに慣れていない企業の場合、オフィススイートのなかでも、メール・予定表を利用し始めることをご紹介しました。柔軟な働き方が求められる昨今、コミュニケーションを(1)非同期、(2)文字中心、(3)オープンに変えていくことが重要です。

 

 続いて今回は、レベル3のテレワーク・リモートワーク(在宅勤務)と、それを実現するためのペーパーレスについてお伝えします。ちなみに次のレベル4がいわゆるデジタル・トランスフォーメーション(DX)に相当するものです。レベル3までに社内でITツールを使いこなしていきます。その経験を踏まえて、顧客とのやり取りにデジタルを活用するのがレベル4です。

 

 では、テレワーク・リモートワーク(在宅勤務)を実現するための方法について、見ていきましょう。(以下、「テレワーク」に統一します)

 

 

テレワーク導入全体のステップ

 

 テレワークを導入するための全体的なステップは、下図のようになります。

 

 

 

 

 本連載のテーマはDXですので、詳細は省きますが、概略を示します。
 まずは全体方針として、体制を構築、テレワークの目的を明確にします。その上で社内の合意形成をはかることが重要です。経営者が言いっぱなしでは組織が変わることはありません。その一方で、現場が楽になるためだけにテレワークがあるわけではありません。経営者から現場まで同じ方向を目指して一体となる必要があります。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/渋屋隆一(しぶや りゅういち)
中小企業診断士、情報処理技術者。
大学卒業後、IT企業にてエンジニア・商品企画を担当。2015年独立。ITとデータを活用した「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」「働き方改革」を得意としている。コンサルティングや研修・セミナーを通じて、中小企業の経営支援を行う。著書に『コレ1枚でわかる最新ITトレンド』(技術評論社)、『社長はデータをこう活かせ!』(日本実業出版社)など。
Webサイト: https://100athlon.com

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第43回「休職中に別の会社でバイトしていいの?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

[第7回「やる気は一瞬にして上がりもするし、下がりもする」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

イキイキ働くためのメンタルコントロール〜自衛隊メンタル教官に学ぶ〜/下園壮太

[第7回「事故を目撃した後、不調になった」]
メンタルコントロールは仕事の成果や自己成長につながる重要なスキルです。ビジネスシーンでわき起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook