「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

第9回「1on1(ワンオンワン)面談は、左脳ではなく右脳を使え」

人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。(2021年12月9日)

< 1 2 3 >
「雑談に意味があるのでしょうか?」

 ここ2年間くらいで、本当に多くの企業が「1on1(ワンオンワン)面談」を導入してきています。このコラムの前身である「マネジメント相談室」でも、1on1面談について、どういうものかについて、お答えしたことがありました。

 そのときは、まだ多くの会社が導入し始めたばかりのタイミングで、そこまで突っ込んだ質問内容ではありませんでしたが、最近は、それなりに実施した経験のある方から、管理職研修などの場で1on1面談について、いろんな質問が出てきます。
 今日は、そんな質問についてお話いたしましょう。

 あらためて1on1面談を簡単に説明すると、例えば月に数回など、定期的に30分から1時間程度の上司と部下の1対1形式の面談のことで、人事考課面談や目標設定面談、キャリア面談のように明確な目的があるわけではなく、仕事や職場の人間関係についての悩み相談、上司に知っておいてほしいこと、プライベートについてなど、どんなテーマ設定で話をしてもいいものです。

「最近どう?」で会話を始める人も多く、かなり自由な面談ともいえます。それ故に、雑談の延長のように感じられる人も少なくありません。





 それで、よく出てくる質問が、「田中さん、雑談的な内容でもいいとよく言われるんですが、雑談に本当に意味があるんでしょうか?」というものです。先日もある管理職の方からこの質問が出たので、私が逆に「具体的に、どんな雑談が多いんですか?」と尋ねると、「たいていゴルフの話です」との返事。

「ああ、部下の方はゴルフが好きなんですね?」と聞くと、「いえ、部下はゴルフはしません。私のほうがゴルフの話をしてあげてるんです」とのことで、これにはビックリしてしまいました。面談の意義をまったく理解されていなかったからです。

 1on1面談は、「部下の話を上司が聴く」ということが原則で、上司と部下の間で、ものが言いやすく、風通しの良い風土を形成するには、自由なコミュニケーションこそが必要だという考えから制度化されてきたものです。興味のないゴルフの話を上司から一方的に聞かされたのでは、部下の方のほうが、「こんな面談に意味があるのか?」と思ってしまいます。

 1on1面談は、雑談自体に意味があるというより、雑談的な会話を通して、上司と部下の距離が近づくことこそが重要なのです。


>>>次ページにつづく
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>





●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
 
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[働きやすいだけではダメ!「ゆるブラック企業」にならないために]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ココロの座標/河田俊男

[第74回「ドゥームスクローリングの悪夢」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

おさえておきたい人事労務トレンド/飯塚知世

[第2回「HRテックを導入する〜採用管理編〜」]
人事労務に関わる業務で、知っておきたいトレンドやこれから注目されることなどについて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook