「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

できる人が辞めない職場づくり/岡本文宏

第10回「サッカー日本代表から考える今どきのリーダー像」

どんなに優秀な人を採用しても、すぐに辞められてしまったら意味がありません。定着率は働きやすさを測る指標であり、会社の生産性を左右します。(2023年1月17日)

< 1 2 >

 サッカーワールドカップの日本代表戦は、ちょっとした社会現象になるほど大いに盛り上がりました。私も含め、試合当日は寝不足の方も多かったのではないかと思います。

 

 今回、惜しくも決勝トーナメントは1回戦で敗退とはなりましたが、16強入りは果たしました。森保一監督は、チームをまとめ上げ、応援する人々の心を1つにすることができる素晴らしいリーダーであったと言えます。ただ、ご自身の言葉を借りると「カリスマ性のないリーダー」だったとも言えます。

 

 

 

 

 かつては、カリスマ的な存在のリーダーが一人で組織を引っ張っていく、トップダウン型が主流でした。でも、そのやり方では、企業に降りかかる問題が複雑化している現代においては、太刀打ちできない状況になっています。そういう中、森保監督のような、チームメンバー一人ひとりの存在を大切にし、個々の心の火を丁寧に点火させていくことに長けているリーダーが求められているのです。

 森保監督の行動を分析すると、今どきのリーダーに必要な要素が見えてきます。

 

 

フィードバックをする

 

 試合の中継を見ているなかで、森保監督が手の平サイズのノートにメモを取る姿が、とても印象的でした。そこには、試合中に気づいたこと、選手の動きや結果、共有するべき情報などを書き込んでいたと聞きます。

 

 サッカーは、瞬時に攻守が交代する、スピード重視のスポーツです。そのため、監督が細かく指示を出すことはできず、メンバーが自ら考え、行動しなければチャンスを逃してしまいます。試合中に正しい判断をするには、『情報』が必要です。

 

 また、選手が自分たちの動きを客観的に捉えることも大切です。そこで必要なのが、第三者からのフィードバックです。森保監督は、試合中に書いたメモを使い、ハーフタイムに必要な情報を選手にフィードバックして伝えていました。記憶力がずば抜けて優れた人は別ですが、気づいたことや選手の動きなどを、すべて覚えておき、正確に伝えることができる人は少数派です。だから、メモを取り、記録しているのです。

 

 現場でスタッフに、1つずつ指示を出して“動かす”というマネジメントスタイルもありますが、それでは、スタッフは指示待ちのスタンスでいることになります。また、リーダーが、タイミングよく指示を伝えられないケースもあるでしょう。大切なのは、自ら考え、行動するスタッフに育てることです。そのために、フィードバックは欠かせません。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/岡本文宏(おかもと ふみひろ)
メンタルチャージISC研究所株式会社代表取締役、繁盛企業育成コーチ
アパレル店勤務、セブンイレブンFC店経営を経て、2005年メンタルチャージISC研究所を設立。中小企業経営者、エリアチェーンオーナー、店長などに向けた小さな組織の人に関する問題解決メソッドや、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供している。『人材マネジメント一問一答』(商業界)、『店長の一流、二流、三流』(明日香出版)、『繁盛店のやる気の育て方』(女性モード社)など著書多数。
https://okamotofumihiro.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[イマドキの若手は何を考えているのか?〜Z世代による、Z世代との関わり方〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第4回「発達障害の可能性がある人がいたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

ココロの座標/河田俊男

[第100回「やりたい仕事が分からない」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook