「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

介護現場で2年間退職者ゼロを実現した定着ポイント/森崎のりまさ

第8回「気の合う人=仕事ができる人」と捉えていませんか?

既存スタッフや採用したスタッフに定着してもらうために、企業は「どんなことを考えればいいのか」「何を準備をすればいいのか」などを解説します。(2023年11月28日)

< 1 2 >
仕事ができるスタッフとは、どういう人?

 あなたの思う仕事ができるスタッフとは、どのような人でしょうか? 技術や知識が豊富な人でしょうか? 気が利く人でしょうか? いろいろなイメージがあるかと思いますが、自分と気の合う人を「仕事ができるスタッフ」と捉えていませんか?

 今一度考えてみましょう。実は、気の合う人を安易に「仕事ができる」と評価してしまうと、組織は弱くなり、離職率が上がる要因になり得るのです。気の合う人だと依頼もしやすいし、指示への理解も早いかもしれません。そのため、そのような人を「仕事ができる」と評価し、リーダーや主任に任命して右腕にすると、その時点では自分はとても楽になるかもしれません。

 ですが、実はそれこそがとても危険な状態なのです。実際に老人ホームで施設長を務めていた頃の私は、気の合う仲間ばかりを増やそうとしたばかりに、組織を大きく崩してしまった経験があります。





気の合う人ばかりに仕事を依頼した過去

 当時の私は「気の合う人」にばかり、仕事をお願いしていました。なぜなら、少しの説明ですぐに理解してくれ、嫌な顔一つせずに動いてくれるからです。反対に、一つお願いしても質問ばかりでなかなか動こうとせず、いざ動きだしても思ったように動いてくれない人もいました。そのような人には次に仕事をお願いすることはなく、「仕事ができない」と評価していました。

 すると、職場で「施設長はひいきしている」という私に対する陰口が聞こえるようになりました。ですが、私はひいきをしているつもりはありませんでした。「できる人にお願いしている」ので、よいことをしているくらいのつもりでした。
 そんな状態を続けていたら組織は2つに分かれ、派閥のような状態にまで変化してしまいました。しばらくすると退職者が出始め、仕事ができないと評価した人だけでなく、気の合う人たちの中にも辞める人が出てきました。

 スタッフが少なくなったことで、仕方なく「仕事ができない」と評価した人にも仕事をお願いすることになりました。そこで、予想外のことが起きました。仕事ができないと思っていた人が、うまく仕事を仕上げてくれたのです。それは私のイメージとは違っていたのですが、私一人で仕上げるよりもはるかによい物になっていました。

 それまでの私は、自分がたのんだ仕事の完成形が自分のイメージと少しでも違うと、それをやったスタッフを注意し、「仕事ができない」という烙印を押していました。それがいつの間にか、「自分のイメージと同じようにできるスタッフ=私と気の合うスタッフ=仕事ができるスタッフ」となっていったのです。

 実は気の合うスタッフは仕事ができるのではなく、自分と考え方や特性が似たタイプなだけなのです。特性が似ているので、少し話しただけで「相手がどうしたいのか?」が分かってしまう、ということなのです。


>>>次ページにつづく
 ※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
 

●文/森崎のりまさ(もりさき のりまさ)
職場いきいきコンサルタント。22歳から介護業界で働き始め、約20年間、現場に携わる。介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得し、訪問介護管理者、老人ホーム施設長を経験。施設長を務めていたとき、一般的に離職率が高いといわれる介護施設で「2年間退職者ゼロ」を実現する。2021年、これまでの実績と経験を活かし、『仕事=楽しい』に変える職場いきいきコンサルタントとして独立。企業の社員研修や社員面談などを請け負い、職場の環境改善に尽力している。著書に『退職者を出さない管理者が必ずやっていること』(産学社)Amazonランキング人事部門1位。インターネットラジオ局『ゆめのたね放送局関西チャンネル』のラジオ番組『今日も明日もポジッピー』パーソナリティ。
https://positivehappy.jp/
https://twitter.com/norimorisaki
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[新入社員が求める職場での関わり、仕事の進め方とは?]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

ヒトが辞めない会社の採用活動

[第5回「辞める理由は1つではなく、連鎖している」]
採用活動は、採用して終了ではありません。すぐに辞められてしまったら意味がないからです。定着・戦力化までを見据えた採用活動について考察します。

ココロの座標/河田俊男

[第95回「夜中に衝動買いをする人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook