「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

ヒトが辞めない会社の採用活動

第5回「辞める理由は1つではなく、連鎖している」

採用活動は、採用して終了ではありません。すぐに辞められてしまったら意味がないからです。定着・戦力化までを見据えた採用活動について考察します。(2024年2月20日)

< 1 2 >
本当の退職理由は?

 会社を辞めるとき、多くの人が本当の退職理由を伝えていないのではないでしょうか。本当のことを言わないのは、「理解してもらえない」「波風を立てずに辞めたい」あるいは「引き留められたくない」という気持ちがあることなどが想像できます。

 2017年の『子供・若者の意識に関する調査』(内閣府)※1によると、最初の就職先を離職した理由の最多は「仕事が自分に合わなかったため」43.4%、次いで「人間関係がよくなかったため」23.7%、「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため」23.4%となっています。

●最初の就職先を離職した理由上位3(2017子供・若者の意識に関する調査)
「仕事が自分に合わなかったため」43.4%
「人間関係がよくなかったため」23.7%
「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため」23.4%

1:若者の就労などに関する意識を把握し、各種施策の企画立案に資するために16〜29歳以下を対象に実施





 2022年の『雇用動向調査』(厚生労働省)※2で転職入職者が前職を辞めた理由をみると、男性は「その他の個人的理由」「定年・契約期間の満了」「その他の理由(出向等を含む)」、女性は「その他の個人的理由」「定年・契約期間の満了」「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」が上位となっています。

●転職入職者が前職を辞めた理由上位5(2022雇用動向調査)
<男性>
「その他の個人的理由」19.6%
「定年・契約期間の満了」15.2%
「その他の理由(出向等を含む)」14.7%
「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」9.1%
「職場の人間関係が好ましくなかった」8.3%

<女性>
「その他の個人的理由」25.0%
「定年・契約期間の満了」10.9%
「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」10.8%
「職場の人間関係が好ましくなかった」10.4%
「その他の理由(出向等を含む)」8.6%

※2:主要産業の入職者数・離職者数、入職者・離職者の状況を明らかにすることを目的に年2回実施


どういうときに辞めたくなるか?

 離職理由の調査結果を紹介しましたが、プライベートの理由や会社都合を除いた離職理由は労働条件、人間関係、仕事内容のいずれかの不満に起因していると考えられます。それぞれの理由について、辞めたくなる状況や心情を具体的に挙げてみます。

●労働条件
入社前に聞いていた説明と違う、残業が多い、休みが取れない、給料が仕事に見合っていない、評価に疑問を感じる、異動を命じられた…など

●人間関係
上司が高圧的な態度をとる、同僚や先輩から支援を受けられない、職場の雰囲気が悪い、社員同士がいがみあっている…など

●仕事内容
ノルマや責任が重い、やりがいを感じられない、学ぶ機会がない、自分の知識や経験を活かせない…など

 
離職につながる状況や心情を挙げてみましたが、実際に離職に至る原因は1つではないのではないでしょうか。例えば、「入社前に聞いていた説明と違う」と感じても、そのことを会社に相談できれば状況は変わるでしょう。また、評価に疑問を感じている人がいたら、その評価になったことを客観的に説明したり、「そもそも基準は明確になっているか?」「評価の仕組みは公正に運用されているか?」などを確認して対応することで、疑問の解消つながるかもしれません。

 職場で悩みや疑問を相談できないと、従業員はますます不満を募らせ、不満の連鎖を招くことになります。その連鎖が離職につながっていくのではないでしょうか。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>


●文/三宅航太
2004年、株式会社アイデム入社。東日本事業本部データリサーチチーム所属。同社がWebサイトで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの企画・編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業を取材。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[相次ぐ企業の初任給アップ、給料は誰からもらうの?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

怒りを笑いに変える!クレーム対応/谷厚志

[第1回「なぜお客様はクレームを言うのか?」]
カスタマーハラスメントに悩まされる企業が増えています。元タレントの異色コンサルタントが、独自のクレーム対応を解説します。

デキル人が辞めない15分マネジメント/岡本文宏

[第1回「仕事ができる人から辞めていくワケ」]
マネジメントに時間を取れないプレイングマネジャーに向けて、15分で完結できるマネジメント手法をお伝えします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook