「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

人材育成のツボ

「働きやすさ」と「働きがい」は、健全な心理的安全性でつくる

アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。(2024年5月16日)

< 1 2 >
「こんなこと言ったら、パワハラと受け止められるかもしれない」
「モチベーションを下げてしまうから、言わないほうがいいかな」
「万が一、退職されてしまっては困るから、注意せずに黙っておこう」

 このような「心理的安全性」の誤用は、「言うべきことも言ってはいけない」雰囲気をつくってしまいます。当然、相手に配慮することは良いことですし、言葉を選んで発信することも大切なことです。ただ、度が過ぎると「良い職場」ではなく「楽な職場」をつくってしまう可能性があります。





 本来、「心理的安全性」とは、「周りの評価に怯えることなく、自分の意見や想いを発信するために必要な要素」を意味します。としますと、冒頭の誤った「心理的安全性」は、真逆の状態をつくってしまっていることになります。果たして「楽な職場」で人の成長、組織の成長は期待できるのでしょうか。


よい職場と楽な職場

 そもそも「良い職場」とはどういう状態のことを指すのでしょうか。そのヒントになる興味深いデータがあります。日本経済新聞(2024年5月7日付)上場企業約2,300社を対象とした調査によると、「働きやすさ」は高いが「働きがい」は低い企業を「ホワイト」、逆に「働きやすさ」は低いが「働きがい」は高い企業を「モーレツ」、両方とも高い企業を「プラチナ」、両方とも低い企業を「ブラック」と類型化したところ、全体を占める比率は、「モーレツ」が29%で最多で、プラチナは24%、ホワイトは20%となっています。

 過去10年間の売上高の増加、PBR(株価純資産倍率)の伸びは、プラチナ企業が一番高いという結果でした。要するに「働きやすさ」と「働きがい」の両立が、最良の会社、最良の職場ということです。この調査結果から、評価される「良い職場」は、けして「楽な職場」ではないということが言えそうです。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>


●文/波多野雅彦(はたの まさひこ)
株式会社アイデム 東日本事業本部 キャリア開発支援チーム/教育・研修企画担当/キャリアコンサルタント(国家資格)
大学卒業後、大手ゼネコンにて国内外建設プロジェクトの施工管理に従事。経営学修士号取得後、経営コンサルティング会社にて経営体質改善・人材育成支援業務に携わる。現在、キャリア開発支援チームにて、教育・研修を通してお客様が目指す会社づくり、人づくりにお役に立てることを目指して日々業務に取り組んでいる。
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2024年10月法改正・社保適用拡大、求められる企業の対応]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

怒りを笑いに変える!クレーム対応/谷厚志

[第3回「お客様の“良き理解者”を目指す」]
カスタマーハラスメントに悩まされる企業が増えています。元タレントの異色コンサルタントが、独自のクレーム対応を解説します。

デキル人が辞めない15分マネジメント/岡本文宏

[第3回「離職を防ぎ、コミュニケーションを活性化させる質問スキル」]
マネジメントに時間を取れないプレイングマネジャーに向けて、15分で完結できるマネジメント手法をお伝えします。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook