「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

仕事に使える統計データ/深瀬勝範

第9回 来年の賃上げ率を予測する〜GDP、景気動向指数の使い方〜

政府や調査機関などが発表している労働関係の統計データを中心に、データの見方や、仕事に生かすやり方を解説します。

< 1 2 >

1.はじめに

 「景気が良くなってきたようだから、来年の賃上げは多めになるのかな」

 このように考えている人もいらっしゃるでしょう。ところで、景気は本当に良くなっているのでしょうか。また、景気が良くなっているとしたら、何%ぐらいの賃上げになるのでしょうか。
 国内の経済状況を捉える指標としては、「GDP」や「景気動向指数」等があります。今回は、これらの指標について説明します。



2.GDPとは

 GDP(国内総生産:Gross Domestic Product)とは、一国内で一定期間に産み出されたモノやサービスの付加価値の合計で、その国の経済規模を表す指標です。

 GDPが大幅に増加していれば(GDP成長率が大きければ)、その国の経済活動が活発で、製品やサービスが大量に製造・販売されている状態にあります。こうなると、企業の業績が良くなり、その一方で労働力が不足気味になりますから、賃金が上昇します。

 GDPは、内閣府が4半期ごとに発表します。11月中旬に「GDPが年率換算で1.9%増加した」というニュースが流れましたが、これは日本経済が着実に回復してきていることを示しており、この数字からすれば、来年度の賃上げは今年度よりも多めになりそうです。



3.景気動向指数とは

 景気動向指数も、経済情勢を捉える指標として頻繁に使われます。

 これは、さまざまな経済活動に重要で、かつ景気に敏感に反応する生産、雇用などのデータの動きを統合した指標で、内閣府が毎月公表します。政府が行う「景気が改善している・悪化している」等の判断は、この指標をもとに行われます。

 景気動向指数には、景気に対し先行して動く「先行指数」、ほぼ一致して動く「一致指数」、遅れて動く「遅行指数」の3本の指数があります。基本的に、先行指数は景気の動きを予測するとき、一致指数は景気の現状を把握するとき、遅行指数は景気の動きを事後的に確認するときに用います。

 [図表1]は、GDP成長率と景気動向指数(一致指数)の推移をグラフ化したもので、この2つの指標が似たような動きをしていることが分かります。

【図表1】GDP成長率と景気動向指数の推移




※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●深瀬勝範(ふかせ かつのり)
Fフロンティア株式会社代表取締役。社会保険労務士。1962年神奈川県生まれ。一橋大卒。大手電機メーカー、金融機関系コンサルティング会社、大手情報サービス会社を経て、独立。企業・公共団体の人事制度設計や事業計画の策定等のコンサルティング、人事労務専門誌などに寄稿も行っている。著書に「労政時報別冊 実践人事デ−タ活用術」(労務行政)。

 

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[少ないパイの奪い合い!? 子育て世代の憂鬱]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎

[第9回「働き方」の文化ギャップ]
採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第21回「ポジティブ心理学から学ぶ」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook