「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

職場のメンタルヘルス/河田俊男

第30回「“会社が汚染されている”と訴える男」

職場のメンタルヘルスに関する事例・対策などについて、専門家が解説します。

< 1 2 3 >
 私たちは知らぬ間に汚染されている。放射線や光化学スモッグ、酸性雨などの大気汚染はいい例だ。また、高濃度の農薬で汚染されたバナナを食べた猿が、3世代目からは奇形になった実験もあった。人間は今後どうなるのだろうか。



汚染を訴える男

 直人は「会社が汚染されているんです」と訴えていた。上司が「どこが汚染されているの?」と聞くと、「床やドア、テーブル、パソコンも汚染されています」と答えた。「階段は?」と聞くと、「大丈夫です。汚染されていません」という。

 入社1年目の直人は、IT関連の企業に勤務している。入社当時から会社のトイレは汚染されているような気がして、どんなときでも使わなかった。仕方がないので、近所のコンビニのトイレを使っていた。そのトイレに入るときには空間にバツ印を3回描く儀式を行うことで、汚染を浄化したと思い込むようにしていた。

 そんな心のトリックを使って切り抜けていたが、会社が汚染されているという感覚は拡大していった。やがて、あらゆる場所が汚染されているという感覚に陥り、とうとう出社できなくなった。きっかけは後輩が入社してきて、その存在がストレスになったことだ。うつ状態も併発し、直人はこのまま二度と出社できないのではないかという強い恐怖心が出てきた。



汚染は本当なのか?

 電車の中でインフルエンザにかかっている人がくしゃみをすれば、他の乗客に感染する恐れがある。車内がウイルスに汚染されるのだ。ウイルスはインフルエンザばかりではない。ノロウイルスやエボラ出血熱、天然痘、エイズもある。また、蚊によって媒介される感染症として、デング熱やマラリア、ウエストナイル熱などがある。

 大気汚染の問題もある。フォールアウト(放射性下降物)のセシウム137が、福島原発の放射能漏れで東北や関東に沈着していることも考えられる。
 そういえば昔、公園のトイレは汚かった。おそらく大腸菌やその他の菌が繁殖していたに違いない。ある温泉施設では、レジオネラ菌が繁殖し、温泉にのんびりつかっていた客が死亡したことがあった。温泉も汚染されるのだ。

 汚染は日常生活のさまざまなところで発生している。定年後、家庭菜園で庭の土いじりをしていた男性が、土の細菌が足の傷口から入り、それが原因で死亡したことがあった。汚染されていない普通の土の中にも、人間よりはるか以前より生息していた生物や細菌が数多くいる。子供の頃から、土に慣れ親しんでいない人間の免疫力は低い。自然な土も脅威なのだ。

 猫にかまれた老女が死亡したケースもある。人間にはない動物だけが持つ細菌がいる。ペットの細菌で死に至ることもある。また、アレルギー体質の人間にとって、花粉や家のダニは汚染物質だ。紫外線に過敏に反応する人もいる。住宅や建物の建築資材に汚染物質が含まれていることもある。汚染物質は、私たちのまわりにあふれている。



※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





●河田俊男(かわだ としお)
1954年生まれ。心理コンサルタント。1982年、アメリカにて心理療法を学ぶ。その後、日本で心理コンサルティングを学び、現在、日本心理相談研究所所長、人と可能性研究所所長。また、日本心理コンサルタント学院講師として後進を育成している。翻訳書に「トクシック・ピープルはた迷惑な隣人たち」(講談社)などがある。
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook