「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

どうなる? 今年のパート時給

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

< 1 2 >

 当社求人広告『しごと情報アイデム』における、平成26年のパート・アルバイトの募集時平均時給(※1)は、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)で920.9円、関西(大阪府、京都府、兵庫県)で868.3円となった(表1、図1)。前年と比較すると、関東で9.8円、関西で14.9円の上昇となった。


 リーマンショックのあった平成20年以後、平成23年まではパートの有効求人倍率は1.0倍を下回り、募集時の平均時給の上昇においても低調な状態が続いていた。
 平成24年以降、景気回復の動きとともに有効求人倍率は1.0倍を超え、募集時平均時給も連動するように上昇傾向にある。



  平成27年に入ってからの求人動向を見てみると、パートの有効求人倍率は1月が1.58倍、2月が1.61倍と、平成19年以来8年振りの高水準で推移している(表2)。今年の春闘では、非正規労働者の賃上げ状況も18.17円(加重平均)の引き上げとなった。今年に入ってからの動向を踏まえても、賃金上昇の動きは続いているようだ。




※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です。


◆次ページは職種別の動向 

===========================================
※1 平成26年のパート・アルバイトの募集時平均時給 は、専門的職業、管理的職業を除いた職業計
☆有効求人倍率はすべて、厚生労働省「職業安定業務統計」より
===========================================

●文/岸川 宏(きしかわ・ひろし)

アイデム人と仕事研究所 所長
【担当分野】労働関連法。賃金統計・アンケート調査等の作成、分析。[社会保険労務士]

 

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[少ないパイの奪い合い!? 子育て世代の憂鬱]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

外国人スタッフの定着と戦力化を図る/淺海一郎

[第9回「働き方」の文化ギャップ]
採用した外国人スタッフに定着して、戦力として活躍してもらうために、企業が準備すべきことや、考えておかなければならないことなどを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第21回「ポジティブ心理学から学ぶ」]
メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook