「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査一覧

  • アイデムオリジナル調査一覧

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

2019年04月18日NEW平成は非正規雇用拡大時代〜パート賃金クロニクル〜
 今から四半世紀前の1994年、アイデム人と仕事研究所は自社媒体でパート・アルバイト募集時の時給データの蓄積を始めました。1997年から都道府県単位でも集計し、当時…続きを読む
この記事のキーワード
2018年12月12日子供の夢は親次第?
 私が好きなCMのひとつに、父と娘が夢について語るといったものがありました。たしかクレジットカード会社のCMで、フレーズの細かいところまでは覚えていませんが…続きを読む
この記事のキーワード
2018年11月14日パート・アルバイトの経営理念への共感と定着の関係性
 経営理念とは、会社の方向性や目的・目標を示すもので、社内では社員一人一人の行動指針となり、社外では、会社の雰囲気やブランドが創られるものです。    一…続きを読む
この記事のキーワード
2018年10月17日定着率が高くても、注意が必要なワケ
 厚生労働省発表の最新(2018年8月)の有効求人倍率は1.63倍(季節調整値)で、1974年1月以来の高水準でした。労働市場は、以前として採用難の状況にあります。人の補…続きを読む
この記事のキーワード
2018年09月19日神奈川県では53%が最賃割れに!?〜平成30年地域別最低賃金改定の影響予測〜
 平成30年度地域別最低賃金の発効日・時間額が、全ての地域で確定しています。もっとも高い額は東京都の985円、最も低い額は鹿児島県の761円となっています。私が学生…続きを読む
この記事のキーワード
2018年08月22日子供は、親の背中を見て育つ?
子供は親を真似る    昨年、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究チームが「幼児は、大人を見ることによって、忍耐の価値を学ぶことが出来る」という実験結果…続きを読む
この記事のキーワード
2018年07月18日説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?    勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない新人社員の方が賃金が高い、とい…続きを読む
この記事のキーワード
2018年06月20日上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
 2018年4月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は、1.59倍でした。月間有効求職者数193万9,779人に対して、月間有効求人数267万6,726件あり、労働者が大幅に足りない…続きを読む
この記事のキーワード
2018年05月23日あなたの仕事は○○○ワーク?
 小学生の頃、私が思い描いていた将来の夢は「水泳選手」でした。泳ぐことが好きだったからです。このように、自分が好きだったり、興味のある仕事を「ライクワーク」…続きを読む
この記事のキーワード
2018年04月18日定着と労働条件の微妙な関係
現在の勤務先で長く勤めたい6割、他に良い仕事があれば転職したい4割          弊社発行の『平成29年版パートタイマー白書』でパート・アルバイ…続きを読む
< 1 2 3 4 5 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第1回「思考と行動を変える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第85回「若手社員に思うこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[相手との距離をグッと縮めるコミュニケーションとは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook