「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査一覧

  • アイデムオリジナル調査一覧

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

2017年04月19日NEW新人に元気よく働いてもらう秘訣
 新年度がスタートして、半月あまりが過ぎました。新卒社員を迎えた企業もあると思いますが、4月初めにインターネット上で、ある単語が注目を集めました。ツイッター…続きを読む
この記事のキーワード
2017年03月29日無期転換ルールの対応〜企業は? 有期労働者は? 最新調査報告
 労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約1年後に迫っています。  その時、有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか? 企業は、…続きを読む
2017年03月01日2018卒新卒採用は「早い」「高い」「多い」
どんどん上昇していく就職内定率    3月1日。ここ数年は、就職活動の解禁時期として注目され、今年も2018年3月卒業予定者(以下、2018卒)を対象とした新卒採用…続きを読む
この記事のキーワード
2017年01月25日【新卒・パート・バイト】求職方法と求人方法で利用媒体は違う?
 かつて「求人募集」といえば、新聞の求人欄や新聞折込等の求人誌、縁故や職業安定所(ハローワーク)が一般的でした。時代は変わり、インターネットの発展とともに求…続きを読む
この記事のキーワード
2016年12月14日仕事と家庭、どっちが大事?
 夫を雇用主とし、従業員である妻が業務として家事を担当する。そんな、結婚を雇用契約に見立てた男女の生活を描いた社会派ラブコメディ『逃げるは恥だが役に立つ』と…続きを読む
2016年11月16日パート募集 超短時間シフト増加中?
◆女性労働者は5年で115万人の増加!?  総務省統計局「労働力調査」によれば、2015年の女性雇用者(役員除く)数は、およそ2,388万人。2010年の2,273万人から115万人…続きを読む
2016年10月19日女の敵は女!? 時短 vs フルタイム
女性の継続就業率は大幅に上昇    先日、国立社会保障・人口問題研究所から「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」が発表されました。それによると…続きを読む
この記事のキーワード
2016年09月21日平均時給が上がる業種は?〜平成28年度地域別最低賃金改定の影響について〜
 平成28年度の地域別最低賃金の改定額が、すべての地域で明らかになりました。改定額の全国加重平均額は823円です。特に今年度は全国加重平均額25円の引上げとなり、…続きを読む
この記事のキーワード
2016年08月17日定着のカギは、自社をよく知ってもらうこと
選考を受けなかった理由    採用活動において、選考方法に頭を悩ませている企業は多いと思います。中でも新卒採用活動は、さまざまな制約の中で行わなければなら…続きを読む
この記事のキーワード
2016年07月20日パート賃金10年史〜10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
「パート賃金10年史」 ・10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ・勤務シフトは短時間化の傾向・正社員との賃金格差は大きな変化は見られない   この10…続きを読む
< 1 2 3 4 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

【企業に聞く】人が活きる組織

[学校法人甲子園学院/内部改革のカギは、理念の共有]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第1回「社員とパートアルバイトの違い」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[評価と人材育成はセットで行う]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook