「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

パート・アルバイトの経営理念への共感と定着の関係性

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。(2018年11月14日)

< 1 2 >

 経営理念とは、会社の方向性や目的・目標を示すもので、社内では社員一人一人の行動指針となり、社外では、会社の雰囲気やブランドが創られるものです。

 

 一方で、経営理念の浸透は、パート・アルバイトの定着にも関わっています。当社発行の「平成29年パートタイマー白書」で企業と個人に聞いたアンケート結果から、経営理念の浸透が「どのように定着に関わっているか?」をみていきます。

 

 

経営理念を知っていますか?

 

 パート・アルバイトの方は、今働いている会社の経営理念を知っているでしょうか。現在の勤務先の「経営理念を知っているか」を聞いたところ、図1のとおり、

 

・「知っており、その内容に共感している」34.0%
・「知っているが、その内容に共感していない」18.1%
・「知らない」37.9%

 

という結果になりました。
 共感しているか否かを問わなければ、5割を超えるパート・アルバイトが経営理念を知っていることになります。

 

 

■図1:勤務先の経営理念の把握と共感

 

 

経営理念への共感=愛社精神?

 

 次に、先ほどの「経営理念への把握と共感」と「愛社精神」の関わりをみていきます。愛社精神とは、会社に対する愛着や誇りのことで、『従業員エンゲージメント』など、あらためて、人材定着や社員のパフォーマンス向上のために必要とされている要素です。

 

 まず、パート・アルバイトに、現在の勤務先に対して「愛社精神を持っているか」を聞いたところ、

 

・持っている+どちらかと言えば持っている(以下、持っている)49.7%
・どちらかと言えば持っていない+持っていない(以下、持っていない)50.2%

 

という結果になりました。約半数のパート・アルバイトが愛社精神を持っていることがわかります。

 

 さらに、これを経営理念への共感度との関係でみると、下記の図2のようになります。経営理念の内容に共感している人は、愛社精神を持っている割合が他と比べて高くなっています。経営理念を知っており、内容に共感している人で愛社精神を持っている人は77.0%、経営理念を知っているが内容に共感していない人では、愛社精神を持っている人は28.8%しかおらず、71.2%の人が愛社精神を持っていませんでした。つまり、経営理念への共感があると愛社精神もあるということがわかります。

 

■図2:経営理念への共感度と愛社精神の有無の関係

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

●文/鈴木優子(すずき ゆうこ)
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、団体職員を経て、2018年に株式会社アイデム入社。賃金に関する調査、社内啓発向け労働関連資料の作成、当WEBサイトで発信している労働関連ニュースの原稿作成などに取り組んでいる。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第1回「思考と行動を変える」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

シゴトの風景

[第85回「若手社員に思うこと」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[相手との距離をグッと縮めるコミュニケーションとは?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook