「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデムオリジナル調査

上司とのいい関係が部下のやる気アップに!

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

< 1 2 3 >

 2018年4月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は、1.59倍でした。月間有効求職者数193万9,779人に対して、月間有効求人数267万6,726件あり、労働者が大幅に足りない状況です。

 

 このような人不足の状況では、採用は難しいため、今働いている人に定着してもらうことで、職場の人員を保つ必要があります。
 定着のために必要な要素はいろいろありますが、今回は、「やる気を持って仕事をする」ことに着目し、部下やスタッフのやる気を引き出すにはどうしたらいいか、『平成29年版 パートタイマー白書 定着のための上司のチカラ〜信頼感とコミュニケーション〜』で実施したアンケート調査の結果を基に、上司と部下の関係性から紐解きます。

 

 

 

上司は部下に信頼されていると思っている!一方部下は…?

 

 まず、上司と部下の信頼感の差を見てみましょう。
 パート・アルバイトに、職場の上司に信頼感を持っているかを聞いたところ、「持っている・どちらかと言えば持っている」と回答したパート・アルバイトは、65.7%でした。(図1)

 

 一方、上司に、直接指揮命令するパート・アルバイトに信頼されていると思うかを聞いたところ、「信頼されている・どちらかと言えば信頼されている」と感じている上司は、89.7%いました。(図2)
 単純に、部下と上司の結果を比較すると、上司の方が24ポイントも高い自己評価となっていました。

 

 このように、上司が思うほど部下には信頼されていません。部下が上司に求めることは、上司が思っている以上にあるということがわかります。

 

 

<平成29年版パートタイマー白書より>

■図1:職場の上司に信頼感を持っているか

 

■図2:職場のパート・アルバイトから信頼されていると思うか

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

●文/鈴木優子(すずき ゆうこ)
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、団体職員を経て、2018年に株式会社アイデム入社。賃金に関する調査、社内啓発向け労働関連資料の作成、当WEBサイトで発信している労働関連ニュースの原稿作成などに取り組んでいる。

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[まだ市場にいる「未活用」な働き手]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

シゴトの風景

[第80回「本部と現場に振り回されて」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

人材育成のツボ

[「指導」と「育成」]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook