「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新卒採用のゲンバ

採用活動のゴールをどこに置くか?

新卒採用をテーマに市場動向や学生の意識、企業の取り組みなどについて解説します。

< 1 2 >

 3月1日、2017年春卒業予定の大学生らを対象とした大手企業の新卒採用活動がスタートし、各地で会社説明会が開催されました。これは経団連が「採用選考に関する指針」において、広報活動の解禁日を3月1日にしたことによるものです。解禁を待たずに採用活動を始めている企業も少なくありませんが、これで2017年卒の採用活動が本格的にスタートしたことになります。

 今回は、採用活動のゴールについて考えてみたいと思います。

 

 

 

 

入社年数別の離職率

 

 採用活動のゴールとしてまず考えられるのが、定着です。新卒者は、入社した企業でどのくらい働き続けているのでしょうか。

 厚生労働省の「新規学卒者の離職状況に関する資料」(2015年10月30日)によると、2012年3月に卒業した新卒者の入社3年以内の離職率は、中卒者65.3%、高卒者40.0%、大卒者32.3%です。いわゆる七五三現象(入社3年以内に離職する割合が概ね中卒7割、高卒5割、大卒3割になることから)となっています。これを学歴ごとに入社年数別に見ると、下記のようになります。

 

<新規学卒者の離職率>
●中卒者65.3%(1年目44.3%・2年目14.0%・3年目7.0%)
●高卒者40.0%(1年目19.8%・2年目11.7%・3年目8.6%)
●大卒者32.3%(1年目13.1%・2年目10.3%・3年目8.9%)

 

 中卒者は1年以内に半数近くが退職し、2年目は一気に下がって1割強となっています。高卒者は1年目2割弱、2年目1割で、大卒者は1年目・2年目ともに約1割です。3年目は3者とも1割を切っており、中卒者が最も低くなっています。七五三現象とは違った見方をすることができると思います。

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 


 

 

●文/三宅航太
株式会社アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第31回「9/1法改正!ダブルワークの人が労災になったら」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第55回「部下が思いどおりに動いてくれない」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[あらためて同一労働同一賃金を知る]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook