「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

知っておきたい労働法超入門

第29回「社会保険とは何か?〜(1)種類〜」

労働関連法で勘違いしやすいこと、意外と知られていないことなどをピックアップして解説します。

 社会保険とは、国などが行う公的な生活保障制度の総称です。一定の基準を満たした事業所で働く労働者には、社会保険への加入が義務付けられています。

 

 雇用主の判断や労働者個人の意思によって、加入の可否を決めることはできません。保険料は給料から徴収され、病気やけが、失業、高齢などの理由によって働けなくなったときに、給付金などが支給されます。

 

 社会保険(広義)には、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険があります。40歳以上になると、介護保険も加わります。

  

 

 

 

★今回のポイント
・社会保険は、国などが行う公的な生活保障制度の総称
・社会保険の適用は強制なので、加入を拒否することはできない
・労災以外の保険料は、賃金額に応じて雇用主と労働者が負担

 


 

 

 

●アイデム人と仕事研究所
文/三宅航太
監修/菊地敦子(社会保険労務士)

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

人材育成のツボ

[チームにおける「ナンバー2」の重要性]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

シゴトの風景

[第103回「72歳保育士の仕事観」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

monthly時事トピックス

[「中小企業成長促進法」が施行]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook