「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

知っておきたい労働法超入門一覧

  • 知っておきたい労働法超入門一覧

労働関連法で勘違いしやすいこと、意外と知られていないことなどをピックアップして解説します。

2017年03月29日第36回「正規と非正規」
 パート、アルバイト、契約社員、正社員など、雇用形態にはさまざまな呼称があります。これは法律で定義されているものではなく、企業が便宜的につけているものです。…続きを読む
2017年03月01日第35回「無期労働契約への転換」
 2018年4月から、有期労働者の無期労働契約への転換の申し込みが本格化します。これは2013年4月に改正された労働契約法に、有期労働契約が更新されて通算5年を超えた…続きを読む
この記事のキーワード
2017年02月01日第34回「労働時間に関する法規制(3)」
 雇用主は原則として、労働者の労働時間を把握する義務があります。しかし、外回りの営業のように、把握が難しい業務もあります。そうした場合に対応するため、実際の…続きを読む
この記事のキーワード
2016年12月21日第33回「労働時間に関する法規制(2)」
 労働基準法は、原則として法定労働時間を1日8時間、週40時間以内と定めています。しかし、繁忙期と閑散期の差が激しい業種や職種などでは、1日8時間、週40時間以内と…続きを読む
2016年11月24日第32回「労働時間に関する法規制(1)」
 現在、政府主導で進められている働き方改革の柱の1つに、長時間労働の是正があります。今後、規制が強まることが予想されますが、労働時間に関する現行法の規定をあ…続きを読む
この記事のキーワード
2016年10月26日第31回「雇用関係助成金とは?」
 労働者や事業主が納めた社会保険料は、さまざまな形で還元されています。事業主にとっての給付といえるのが、雇用保険料を主な財源としている雇用関係助成金です。助…続きを読む
この記事のキーワード
2016年09月28日第30回「社会保険とは何か?〜(2)被保険者の新基準〜」
 10月から、短時間労働者の社会保険が適用拡大されます。社会保険(厚生年金・健康保険)の被保険者が501人以上いる企業を対象に、被保険者となる基準が改正されます…続きを読む
この記事のキーワード
2016年08月24日第29回「社会保険とは何か?〜(1)種類〜」
 社会保険とは、国などが行う公的な生活保障制度の総称です。一定の基準を満たした事業所で働く労働者には、社会保険への加入が義務付けられています。    雇用…続きを読む
この記事のキーワード
2016年07月27日第28回「外国人を雇うには?〜(3)適切な雇用管理〜」
 厚生労働省は、外国人労働者が日本で安心して働き、その能力を十分に発揮する環境が確保されるよう、事業主が順守すべき法令や、努めるべき雇用管理の内容などを盛り…続きを読む
この記事のキーワード
2016年06月29日第27回「外国人を雇うには?〜(2)不法就労の防止〜」
 外国人を雇用する際に注意することの1つとして、「不法就労の防止」が挙げられます。不法就労となるのは、以下の3つのケースです。   ・正規の在留資格を持たず…続きを読む
この記事のキーワード
< 1 2 3 4 >

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

シゴトの風景

[第62回「夢と現実」]
働く個人にこれまでのキャリアや仕事観を聞き、企業が人を雇用する上で考えなければならないことを探ります。

問いから考えるパートアルバイト採用・定着

[第2回「採用ターゲットを明確にする」]
パート・アルバイトスタッフを「いかに採用し、定着させるか」について、押さえなければならないポイントや、施策を考えるヒントなどを解説します。

人材育成のツボ

[「日常」と「ビジネス」でのコミュニケーションの差!?]
人と仕事研究所の教育・研修部門のスタッフが持ち回りで、人材育成をテーマに業務で感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook