「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

知っておきたい労働法超入門

第34回「労働時間に関する法規制(3)」

労働関連法で勘違いしやすいこと、意外と知られていないことなどをピックアップして解説します。

 雇用主は原則として、労働者の労働時間を把握する義務があります。しかし、外回りの営業のように、把握が難しい業務もあります。そうした場合に対応するため、実際の労働時間にかかわらず、あらかじめ定めておいた時間を働いたものとみなす「事業場外のみなし労働時間制」が認められています。

 

 みなし労働時間制は事業場外の業務で、上司の具体的な指揮命令が及ばず、労働時間の算定が困難な場合に導入できます。そのため上司が同行する場合、携帯電話などで随時上司の指示を受けながら働く場合など、管理者の具体的な指揮命令が及んでいれば、労働時間を算定できるので認められません。

 

 みなし労働時間制を導入しても、時間外労働の割増賃金(残業代)は発生します。例えば、みなし労働時間を9時間とした場合、1時間分が残業となり、その分は割増賃金相当額以上で支払わなければなりません。

 

 みなし労働時間が適用となる事業場外の労働時間と、時間の把握が行える内勤の労働時間が混在する場合は、労働時間の計算に注意が必要です。あらかじめ定められている「みなし労働時間」に、実際に把握されている労働時間をプラスして計算します。

 

 

★今回のポイント
・みなし労働時間制を導入しても、時間外労働の割増賃金は発生する
・みなし労働時間を定めるには、労使協定が必要
・みなし時間が法定労働時間を超える場合、36協定を締結しなければならない

 


 

 

 

●アイデム人と仕事研究所
文/三宅航太
監修/菊地敦子(社会保険労務士)

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第34回「3月から障害者雇用率2.2%→2.3% 43.5人以上で雇用義務アリ」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第58回「組織の一員としての自覚がない社員に手を焼いている」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[行動の理由を外部に求めていませんか?〜私の失敗談〜]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook