「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

第32回「ネガティブフィードバックには、サンドイッチ手法を」

人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。(2023年11月16日)

< 1 2 3 >
部下を正すときには、性格ではなく行動にフォーカス

 部下を叱ることが苦手なマネジャーが増えています。部下に対して少しでも厳しい指摘をしてしまうと、最近では、「パワハラだ」と騒がれたりすることもあり、上司が及び腰になっているからでしょう。

 しかし、部下のためを思って叱り、問題行動を正すことは上司の責務であり、叱るべきときにそのまま何もせずに見過ごしているのは、上司としての職務放棄と言われても仕方ありません。





 ネガティブフィードバックという言葉があります。部下の問題行動を具体的に指摘し、改善を促すフィードバックのことです。このネガティブフィードバック、一部にはインストラクティブフィードバックとも呼ばれており、そもそも「ネガティブ」という言葉自体を使いたくないという企業は、こちらの方を使う傾向にあります。

 ちなみに、インストラクティブとは、「有益な、ためになる、教育的な」という意味です(このコラムでは、あえてネガティブフィードバックという表現を使わせていただきます)。

 ネガティブフィードバックは、相手にとって有益な内容であることが前提になりますが、ときに本人には耳の痛い部分もあったりするので、モチベーションを損なう表現は避ける必要があります。当然ながら、人格否定はNGです。

 あくまでも部下の問題行動を正すのであり、性格への言及はパワハラになりかねません。性格が行動に影響を与えているのは紛れもない事実かもしれませんが、部下を正すときは「性格ではなく行動」というポイントだけは常に忘れないでください。

 例えば、「お前は本当にどんくさいなあ。だから、会議に遅刻ばかりするんだよ」と指摘されても、言われたほうは身もふたもありません。じゃあ、どうすればいいのか、改善策もまったく分かりません。

「会議に行く準備を始めるのが遅いのが問題じゃないかな。そこを改善して5分前行動を心掛けようよ。重要な会議の10分前にはスマホのアラームをセットしてみたらどうだろうか?」というアドバイスなら、言われたほうも素直に受け入れて、具体案をやってみようという気にもなります。


※最新号のみ、会員登録(無料)なしで閲覧いただけます



●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第68回 扶養認定? 助成金? 話題の「年収の壁」対策]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

判例に学ぶ労使トラブルの処方箋/岡正俊

[労災がおりない? 労働者かどうかの判断基準〜A事件〜]
近年、労働関係の訴訟は社会的関心が高まり、企業にとって労使トラブル予防の重要性は増しています。判例をもとに、裁判の争点や予防のポイントなどを解説します。

介護現場で2年間退職者ゼロを実現した定着ポイント/森崎のりまさ

[第8回「気の合う人=仕事ができる人」と捉えていませんか?]
既存スタッフや採用したスタッフに定着してもらうために、企業は「どんなことを考えればいいのか」「何を準備をすればいいのか」などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook