「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

新卒採用のゲンバ

  • 新卒採用のゲンバ一覧
  • 株式会社小田急エージェンシー/採用活動のカギは、学生に自社を理解してもらうこと

株式会社小田急エージェンシー/採用活動のカギは、学生に自社を理解してもらうこと

新卒採用を行っている企業に、採用活動に関して工夫していることや取り組みなどについて伺います。

< 1 2 >
 株式会社小田急エージェンシーは、小田急グループの広告代理店である。マーケティング・コミュニケーション専門会社として各種広告の代理業務と企画・制作、催事や販売促進の実施など、さまざまな事業を行っている。同社の経営管理部シニアマネジャーの川本典秀さんはこう言う。

「当社は小田急線の交通広告の販売・開発をはじめ、小田急グループのマーケティングのサポートのみならず、グループ以外のお客さまに対してもサービスを展開しています。グループには百貨店やショッピングセンターなどの商業施設もあれば、沿線の観光地として箱根や江ノ島などもあります。さまざまな分野の広告に関わることができるので、やりがいは大きいと思います」



同社のエントランス



採用広報活動の後ろ倒し

 同社は定期的に新卒採用を行っているが、採用人数は若干名である。2015年度の選考プロセスは1次選考がグループワークと筆記試験、その後、2回の面接を経て、内定という流れだった。プロセスは毎年見直しているという。また、2015年度はしばらく実施していなかった会社説明会を復活させた。

「広告業界を志望する学生は、広告業界に絞り込んで就職活動を行う傾向があります。そのため、自社を知っていただくための説明会を開催する必要がありませんでした。当社のホームページを見れば、おおよそのことは分かるからです」

 しかし、2012年に状況が変わった。それまで採用広報活動の開始時期は10月スタートが一般的だったが、日本経済団体連合会(経団連)が倫理憲章で12月以降にすることを提示し、2013年卒業の学生から適用することになったのだ。

「広報活動の開始時期は後ろ倒しになりましたが、選考開始時期の4月は変わらなかったため、学生が業界や企業研究に費やす期間が減りました。その影響で、エントリー数が減少しました。また、エントリーいただいた学生も、広告業界に絞り込んでいない方が多く見受けられました」



※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です





株式会社小田急エージェンシー
●所在地/東京都新宿区西新宿1-8-3 小田急明治安田生命ビル
●設立/1990年2月
●資本金/5,000万円
●従業員数/167人(2014年6月現在)
●事業内容/広告代理業
●ホームページ/ 
https://www.odakyu-ag.co.jp/ 
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[行動あるのみ〜高齢就業者数、過去最高862万人〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第8回「チームの感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第32回 季節性インフルエンザの効果的な勤怠対応]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook