「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マナバンク〜学びのヒント〜

キューバ危機に学ぶ意思決定のプロセス

ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。(2019年7月25日)

< 1 2 >

 意思決定は、ビジネスのあらゆる場面で行われています。経営判断や営業戦略などの大きなものから日常業務に至るまで、さまざまな場面で求められるものです。

 意思決定の内容は大切ですが、プロセスも同じように大切です。特に組織としての意思は、決定権者が自分の考えだけを押し通すのではなく、メンバーが自由に意見を出せるようにし、決定に至るプロセスを公正に運営していく必要があります。

 

 意思決定に関するケーススタディとして、長く読み継がれてきた書籍があります。1971年に出版された『決定の本質 キューバ・ミサイル危機の分析』(グレアム・アリソン著)※です。キューバ危機を題材に、当時のアメリカ政府の対外政策を分析したものです。

 

※現在、情報公開が進んで新たな事実関係も解明されており、初版をほぼ全面的に改訂した新版が1999年に刊行されている

 

 

 

 

 キューバ危機とは1962年、アメリカとソビエト連邦が対立し、軍事的緊張が高まった事件です。発端は、キューバでソ連による核ミサイル基地の建設が明らかになったことです。アメリカは基地建設に対抗して海上封鎖を断行し、一時、両国は核戦争間近とまで言われた危機的な状況に陥りました。その後、海上封鎖を行ったアメリカはキューバに侵攻せず、ソ連もミサイルを撤去し、衝突は回避されました。本書は、事件の勃発から危機回避までのプロセスを下記3つのモデルで分析しています。

 

 

(1)合理的行為者モデル
組織としての目的や理念があり、それを実現するための合理的なステップとして、決断や行動が行われたとするもの。対外政策にあてはめると、国益のために合理的な選択がなされるということ。国家の指導者は明確な目標を設定し、最も効果的な手段を国家の立場で選ぶ。

 

(2)組織過程モデル
対外政策の主体は国家ではなく、構成要素である種々の政府組織である。各組織はそれぞれの合理性に基づき、さまざまな制約の中で意思決定をするというもの。そのため、最終的な決断や行動は合理性からずれることもある。

 

 

>>>次ページにつづく

 


 

 

●文/三宅航太
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWebサイトで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの企画・編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業を取材。 

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[2020年4月1日施行、派遣労働者の同一労働同一賃金]
アイデム人と仕事研究所の所員が、労働関連のニュースに触れて「思うこと」を持ち回りで執筆します。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第29回 「労働条件の明示方法の変更に伴う運用」のポイント]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

monthly時事トピックス

[脳・心臓疾患及び精神障害の労災請求件数、いずれも前年度比増]
人事労務関連のニュースの中から、注目しておきたいものや社会の動向を捉えたものなどを月ごとにピックアップしてご紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook