「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マナバンク〜学びのヒント〜

社員の自主的な行動で、会社の被害を防ぐ

ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。(2019年11月21日)

 突然ですが、下記12の質問項目について、自分が勤めている会社を思い浮かべながら「どう答えるか」を考えてみてください。

 

Q1.職場で自分が何を期待されているのかを知っている
Q2.仕事をうまく行うために必要な材料や道具を与えられている
Q3.職場で最も得意なことをする機会を毎日与えられている

 

Q4.この7日間のうちに、よい仕事をしたと認められたり、褒められたりした
Q5.上司または職場の誰かが、自分をひとりの人間として気にかけてくれているようだ
Q6.職場の誰かが自分の成長を促してくれる

 

 

 

 

Q7.職場で自分の意見が尊重されているようだ
Q8.会社の使命や目的が、自分の仕事は重要だと感じさせてくれる
Q9.職場の同僚が真剣に質の高い仕事をしようとしている

 

Q10.職場に親友がいる
Q11.この6カ月のうちに、職場の誰かが自分の進歩について話してくれた
Q12.この1年のうちに、仕事について学び、成長する機会があった

 

 上記の質問項目は、米ギャラップ社が実施している「Q12(キュー・トゥエルブ)」という組織のエンゲージメント(仕事への熱意度)を測定するツールです。同社は米国最大の調査会社で、膨大な調査データの集計・分析をもとに組織開発のコンサルティングも行っています。Q12は1,300万人のビジネスパーソンを対象に行った調査で、導き出されたものです。

 

 2017年にギャラップ社が実施した調査によると、日本企業はエンゲージメントの高い「熱意あふれる社員」の割合が6%で、米国の32%と比べてかなり低く、調査した139カ国中132位でした。国民性や労働に対する考え方、企業文化は国によって異なるので、単純な国際比較はできません。ですが、Q12には職場の働きやすさや生産性向上に関わる項目が並んでおり、無視できないところもあります。

 

 エンゲージメントは近年、注目されているマネジメントの考え方です。個人が組織の理念やビジョンを理解し、目標達成に向かって主体的に仕事に取り組めるようにすることを実現するものです。世界最大の総合電機メーカー、米ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を20年間務め、伝説の経営者と呼ばれたジャック・ウェルチは、マネジメントにおいてエンゲージメントを重視していました。ウェルチは勝ち続けるために、「従業員に自社の理念やミッションを理解してもらい、主体的に仕事に臨んでもらうようにする」エンゲージメントの考え方を大切にしていたようです。

 

 先月、各地で大きな被害をもたらした台風19号の襲来時、従業員たちの自主的な行動で会社の被害を防いだニュースがありました。
 長野市の千曲川が決壊して北陸新幹線や工場の水没などの被害が相次ぐ中、敷地が浸水した長野電鉄傘下の長電バスで、会社を心配して集まったドライバーたちが協力しあい、約100台のバスを避難場所に移動させたのです。避難させていなければ、数10台が廃車になっていた可能性もあったといいます。

 

 台風時に会社を心配して従業員が自主的に集まるというのは、勤務先へのエンゲージメントの高さゆえです。非常時には、日ごろから会社と従業員が「どういうコミュニケーションをとっているのか」が問われます。

 

 

▼【セミナーのご案内】▼

 

●部下のやる気を高める個別面談法

管理職に必要とされる力は「部下が能力を発揮できる環境を作る力」です。その上で、部下との面談は双方が納得できる育成の指針を決める重要な場です。本セミナーでは面談を良質なコミュニケーションの場とするための指導スキルを身につけ、部下のやる気と仕事力の向上を図ります。

会場:大阪
日程:2020年2月5日(水)13時〜17時(4時間)

⇒詳細はコチラ

 

 


 

 

●文/三宅航太
2004年、株式会社アイデム入社。Webメディア管理グループ所属。同社がWebサイトで発信する「人の戦力化」に関するコンテンツの企画・編集業務に従事する。さまざまな記事の作成や数多くの企業を取材。

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[忘年会に来た女性社員に「今日、子供は大丈夫なの?」と聞いていないか?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第33回 年次有給休暇5日・時季指定義務の運用確認]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第9回「ACT(アクト)で感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook