「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

感情をコントロールする方法/笠原彰

第9回「ACT(アクト)で感情をコントロールする」

怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。(2019年11月28日)

< 1 2 3 >

 10月末、米国で開催された国際応用スポーツ心理学会で興味深いワークショップを受講してきました。タイトルは、「ACTを理解し活用し、集中力を高めてパフォーマンスを高めよう」でした。ACTとは、Acceptance and Commitment Therapyの略語であり、「アクト」といわれています。Acceptance(アクセプタンス)は受容、受け入れるという意味です。Commitment(コミットメント)にはさまざまな意味がありますが、私は、向かっていくこと、没頭することと定義しています。

 

 

 アクトには、A=accept、C=choose、T=take action(受け入れる―価値あることを選択する―実行する)という解釈もあります(Forsyth & Eifert,2007)。一般的なメンタルの考え方は「プレッシャーに勝つ、プレッシャーに負けない、焦らない、緊張しないように」というものでした。ACTは、ネガティブな感情と戦ったり、減らそうとすると、余計に苦しくなると考えます。ネガティブな感情に集中してしまうからです。

 

 そこでA=acceptです。受け入れるのです。ネガティブな感情は受け入れる、または放っておく感じです。自分にとって価値のある思考と行動を選択し、実行することが、ACTの考え方です。

 

 

 

 

 左側の赤字は、パフォーマンスにマイナスな行動や考えです。これはACTとはいえません。右側の青地は、パフォーマンスにプラスな価値のある行動や考えです。これがACTです。

 

>>>次ページに続く

 

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ

 

 


 

 

●文/笠原彰(かさはら あきら)
作新学院大学教授、メンタルトレーニングラボ代表、栃木県体育協会スポーツ医科学委員会委員
日本体育大学大学院修了。プロアスリートや中高生チームへの指導など、メンタルトレーニングに関する豊富な実績を持つ。近年はスポーツ分野にとどまらず、一般企業のビジネスパーソンのメンタルスキルトレーニングや講演活動も行っている。著書に『誰でもできる 最新スポーツメンタルトレーニング』(学研プラス)、『気持ちの片づけ術』(サンクチュアリ出版)、『ゴルフのメンタルテクニック エビデンスに基づく 50のドリル』(ゴマブックス)。
http://mt-labo.sakura.ne.jp/

< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[忘年会に来た女性社員に「今日、子供は大丈夫なの?」と聞いていないか?]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

実務で役立つ労働法/田代英治

[第33回 年次有給休暇5日・時季指定義務の運用確認]
労働関連法で実務に直結した部分をクローズアップし、分かりにくい点や対応策などを解説します。

感情をコントロールする方法/笠原彰

[第9回「ACT(アクト)で感情をコントロールする」]
怒りや妬みなどの負の感情のコントロールを学ぶことは、メンタルを強くし、仕事の成果や自己成長につなげることができます。メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook