「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジメント悩み相談室/田中和彦

第48回「部下を叱るのが苦手で、ついつい見過ごしてしまう」

マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。(2020年3月19日)

< 1 2 >
■相談
部下を叱るのが苦手な管理職です。部下の気になる発言や問題行動があっても、本来なら叱るべきところをついつい見過ごしてしまいがちです。結果的に部下も同じ過ちを繰り返すところがあり、甘やかしてしまっているような気がしています。部下を褒めることは自分でも得意だと思っているのですが、どうしても叱ることができないのです。パワハラだと思われたくもありませんし。
こんな私ですが、どうしたら叱ることができるでしょうか? もしくは叱らなくても部下を指導できる方法を教えていただければと思います。





■回答==========

 最近、叱るのを苦手とする人が増えている気がします。褒めるときにはポジティブな空気が生まれますから、誰でも悪い気はしません。しかし、叱ることはその瞬間にはどうしてもネガティブな空気が生まれやすいので、それを嫌がる人が多いのです。

 あなたは典型的な「いい人」なのかもしれませんね。
 部下との人間関係が悪くなるのを避けたいという気持ちもあるような気がします。どんなときも部下にとって「いい人でいたい」と考えていませんか?

 「いい人」という言葉の中には、「物足りない」というニュアンスが込められることがあります。「いい人だけど、彼氏にはちょっとね…」というような感じでしょうか。
 上司で「いい人」と思われている人も同様で、「いい人なんだけど、もっと力強く部署を引っ張っていってほしいよね」みたいな。
 管理職には「強さ」が必要です。

 先日、お亡くなりになられた野村克也さんの言葉にこういうものがあります。


  『好かれなくてもよいから、
   信頼はされなければならない。

   嫌われることを恐れている人に、
   真のリーダーシップは取れない』


 あなたも真のリーダーシップを発揮しようと思うなら、叱ることから決して逃げてはなりません。

 そもそも部下を指導するという育成の考え方の中に、叱ることは含まれていますから、叱らなくても部下を指導する方法などありません。
 ただ、「叱る」ということには、「間違いを正す」「言い諭す」「注意を促す」「正しい方向に導く」という意味も含まれますから、叱責するという強い意味合いだけで捉えないことです。場合によっては、「優しく叱る」ということもあるのです。

 叱るべきことがあれば、それをきちんと指摘し部下を望ましい方向へ導いていくことは、上司としての重要な責務なのです。

 叱る場合の基本的な流れは、以下のとおりです。
■叱るべき事実の確認(伝聞や推測・憶測ではなく、あくまで事実に基づくこと)
   ↓
■望ましい考え方・言動・ルール・価値観などの伝達
   ↓
■相手の受け止め方の確認(本当に受け止めたか、その場しのぎか)
   ↓
■今後の期待(叱ったままで終わらず、必ず今後のモチベーション維持のためのフォローを)


>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ 





●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第30回「在宅勤務の最低賃金 会社と自宅どちらの地域が適用?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第54回「部下が気をつけるべきリモートワークのポイントは?」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[研修で人は変わることができるのか? 社会人の学びと成長]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook