「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジメント悩み相談室/田中和彦

第52回「新入社員教育は、まず徹底的にまねさせることから始める」

マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。(2020年7月16日)

< 1 2 >
■相談
 営業部門の管理職です。今年はコロナウイルスの影響で、私の部署にも新入社員が配属されたものの、6月上旬までは自宅待機でリモート型の研修を人事部が実施しており、最近になってやっと現場に着任してくれました。例年より研修期間が長かったので、座学的な知識はあるのですが、現場での業務についてはまったくゼロから教えなくてはなりません。
 私も新入社員を預かるのが初めてなので、どう教育すればいいのか分からず悩んでいます。何か良いアドバイスがあればお願いいたします。





■回答==========

 今年の新入社員は、コロナウイルスのせいで4月の入社以降、自宅待機になったケースが多くて、本当にかわいそうだと思います。リモート研修でいくら知識を詰め込んだとしても、オフィスに1日いてたとえ何もしなくても、先輩や上司の働きぶりを眺めているほうが、はるかに学びがあるからです。

 しかし、そんなことを言っても始まりませんので、ここからどう教育するかを考えていきましょう。新人たちも「自分たちは出遅れてしまっているのではないか」と不安な気持ちになっているはずなので、「まだまだ大丈夫。長いビジネス人生を考えれば、2、3カ月の遅れなど、誤差にすぎないから」と、まずは彼らを安心させてあげてください。

 新入社員の教育で大事なことは、ビジネスの基本をしっかり身につけさせることです。まったくゼロから学びをスタートさせるときの基本は、「まねしてみる」ことだと私は思っています。人間の成長はすべからく見よう見まねで始まります。
 たとえば、赤ちゃんが言葉を覚えるのも、ママやパパがしゃべる言葉を聞いて、そのまねから始まります。赤ちゃんは親の行動を見て成長していきます。つまり、目の前にいる人と「同じようにやってみる」ことは、物事を覚えていくための基本中の基本なのです。

 私の好きな言葉に、東レ経営研究所の元社長だった佐々木常夫さんの「プアなイノベーションより、優れたイミテーション」というものがあります。この言葉、学びの本質を見事に言い当てていると思っています。今までにないものを生み出そうとしてイノベーションを図っても、結局使えないものに終われば価値はゼロです。それくらいなら徹底したまね(イミテーション)のほうがはるかにいいということです。
 そもそも最初からオリジナリティあふれる自分らしい働き方や仕事の進め方などできるはずがありません。


>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ





●文/田中和彦(たなか かずひこ)
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第31回「9/1法改正!ダブルワークの人が労災になったら」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジメント悩み相談室/田中和彦

[第55回「部下が思いどおりに動いてくれない」]
マネジメントに関する悩みについての解決策を示したり、対処法などを解説します。

マナバンク〜学びのヒント〜

[あらためて同一労働同一賃金を知る]
ビジネスパーソンが抱えるさまざまな課題について、解決やキャリアアップにつながるヒントを学びます。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook