「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

感情をコントロールする方法/笠原彰

第20回「あがりの発生メカニズムを知り、パフォーマンスを安定させる」

メンタルトレーニングの考え方をベースに、ビジネスシーンで沸き起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。(2020年10月29日)

< 1 2 >

 今回は、あがりの発生メカニズムから学ぶ感情のコントロールを紹介したいと思います。あがりを理解するには、プレッシャーを理解する必要があります。

 プレッシャーとは、精神的重圧感を意味します。プレッシャーの要因として重要な試合や場面、周囲の評価と期待があげられます。 実際のスポーツでは、プレッシャーを感じる場面が少なくありません。プレッシャーは不安感情を呼び起こし、身体も緊張してきて、選手の実力発揮に悪影響を及ぼします。

 

 プレッシャーが原因となる心理現象に「あがり」があります(村山ら,2012)。あがりは、Choking under Pressureとも呼ばれ、選手が実力どおりのパフォーマンスを発揮できない現象です。村山ら(2009)は、あがりのメカニズムを図式化しています(図1)。あがりが発生するメカニズムを理解すれば、あがりをコントロールすることができて、パフォーマンスが安定する可能性が出てきます。図1から重要な項目を抜粋して解説します。

 

 

 

 

(1)大会(本番)前のコンディション
 調子の良し悪しを意味します。スポーツの場合、10試合中、絶好調はせいぜい1試合です。逆に絶不調も1試合です。残りの8試合は普通か、ちょっと調子が悪い状態です。絶好調や絶不調はめったにありません。ポイントは、今の状態を正確に把握し、今の状態でできるプラン作成にフォーカスすることです。

 

⇒今できることにフォーカス

 

 

(2)ストレッサー
 結果を過剰に意識してしまう結果目標は、ストレスの原因、つまりストレッサーになります。雰囲気の悪さも、あがりに影響を与えます。雰囲気を良くするコミュニケーションスキルが重要になってきます。結果を気にしないと思っていても、かえって結果を気にしてしまうものです。結果を気にしないのではなく、別のことに注意を向けます。自分が今やるべき行動目標にフォーカスするのです。

 

⇒行動目標にフォーカス

 

 

 

>>>次ページにつづく

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>

 

 


 

●文/笠原彰(かさはら あきら)
作新学院大学教授、メンタルトレーニングラボ代表、栃木県体育協会スポーツ医科学委員会委員
日本体育大学大学院修了。プロアスリートや中高生チームへの指導など、メンタルトレーニングに関する豊富な実績を持つ。近年はスポーツ分野にとどまらず、一般企業のビジネスパーソンのメンタルスキルトレーニングや講演活動も行っている。著書に『誰でもできる 最新スポーツメンタルトレーニング』(学研プラス)、『気持ちの片づけ術』(サンクチュアリ出版)、『ゴルフのメンタルテクニック エビデンスに基づく 50のドリル』(ゴマブックス)。
http://mt-labo.sakura.ne.jp/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

はたらくりっぷ

[はたらく権利、はたらかない権利]
社会で働くときに、知っておきたいこと、身につけておきたいこと、考えておきたいことなどを解説したり、考察します。働くことに関する不安や、悩みを解消する知識や考え方などもお伝えします。

ココロの座標/河田俊男

[第56回「孤独死が増えている」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

成果を出すチームのつくり方/吉田幸弘

[第8回「時間の使い方を見直す」]
社内コミュニケーションは、人の定着や生産性向上の土台となるものです。コミュニケーションの醸成や活性化させるための考え方や手法について解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook