「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

イキイキ働くためのメンタルコントロール〜自衛隊メンタル教官に学ぶ〜/下園壮太

第6回「厳しい上司との付き合い方」

メンタルコントロールは仕事の成果や自己成長につながる重要なスキルです。ビジネスシーンでわき起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。(2021年9月21日)

< 1 2 >

 Aさん(35歳男性)は、上司のBさん(37歳男性)に目をつけられてしまい、大変消耗しています。不眠がちで胃腸の調子を崩し、体重も5キロ減りました。

 

 Bさんは体育会系で、仕事に厳しいことで社内でも有名です。また、ITに強く、コロナ禍でもさまざまな手立てを駆使して、営業成績を伸ばしています。Aさんは店舗から営業に移って1年たったところ。1年目は新人として扱ってもらっていましたが、2年目以降は担当を任され、責任とプレッシャーが強くなってきました。

 

 そんなとき、自分のミスで取引先を怒らせてしまい、Bさんからひどく叱責を受けました。それ以来、Bさんが怖くなり、どうしても避けようとしてしまいます。ところが避けようとすればするほど、Bさんに見つかり、なぜか今はもう自分だけが目をつけられている状態になってしまいました。

 

 「秘密は守ってくれますか」とおびえた感じで相談を始めたAさん。話を聞けば聞くほど、上司のBさんのことがトラウマのように苦手になっているようです。恐らく客観的に見ると、Bさんの行為は他の人にとっては「厳しい上司」というレベルかもしれませんが、弱っているAさんにとっては2倍の苦痛になっていると思われます(7月号で紹介した2倍敏感になるモード)。会社に行くことが難しくなり、一方で休んだら「また指導されるのではないか」とおびえるという悪循環が生じていました。

 

 

 

 

 私が「Bさんのことは、人事やほかの上司に相談したの?」と聞くと、「誰にも相談していません。Bさんの言っていることは確かに正しいのです。僕に悪いところがあるのです」と答えます。続けて「仲間や奥さんに愚痴とか言わないの?」と問うと、「愚痴るのは嫌です。弱音は吐きたくない。愚痴は我慢して、なんとか自分で対処しようとしてます」とおっしゃいました。

 

 Aさんは上司に対する怒りというよりも、むしろ自分のふがいなさに対して落胆し、自分を責めているようでした。
 「どうしたらもっと強くなれるでしょうか?」というAさんに対し、私は「厳しい上司に対する基本的な対策をお伝えします。人間の心の回復と強化にとって重要なステップなのでよく聞いてください。今回のように、ある人から攻撃されると、私たちには原始人的な防衛反応が生じます。現代人としてではなく、原始人としてのケアをしないと防衛反応は終息しません。

 

 原始人的ケアの1つ目は、敵から離れることです。攻撃してくる相手からできるだけ離れた時間を取って、少しダメージを回復する時間を持たなければなりません。これについてAさんは少し休みを取ろうとしているので、ある程度できていると思ってください」

 以下、Aさんとのやりとりです。

 

Aさん「なるほど、でもそれは逃げではないのですか?」

 

「あなたは、上司と真剣に戦おうとしています。それは長期戦ですよね。きっちりと戦い続けるためには、必ず休養が必要です。ボクシングでも3分戦ったら1分の休みがある。あのステップを取っていると思ってください」

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

<会員サービスのご案内はコチラ>につづく 

 


●文/下園壮太(しもぞの そうた)
元陸上自衛隊メンタル教官、メンタル・レスキュー協会理事長、同シニアインストラクター。防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊入隊。陸自初の心理幹部として、自衛隊員のメンタルヘルス教育、リーダーシップ育成、カウンセリングなどを行う。退官後は講演や研修を通して、独自のカウンセリング技術の普及に努める。『自衛隊メンタル教官が教える心をリセットする技術』(青春出版社)、『50代から心を整える技術』(朝日新書)など著書多数。
https://www.yayoinokokoro.net/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第43回「休職中に別の会社でバイトしていいの?」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

[第7回「やる気は一瞬にして上がりもするし、下がりもする」]
人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。

イキイキ働くためのメンタルコントロール〜自衛隊メンタル教官に学ぶ〜/下園壮太

[第7回「事故を目撃した後、不調になった」]
メンタルコントロールは仕事の成果や自己成長につながる重要なスキルです。ビジネスシーンでわき起こるさまざまな感情との向き合い方を解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook