「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

マネジャーの仕事〜チームが機能するヒント〜/田中和彦

第8回「部署のビジョンを自分の言葉で語っていますか?」

人材育成や評価、意思決定など、マネジャーにはさまざまな役割が求められます。マネジャーに必要な視点や考え方、心の持ち方などについて考察します。(2021年11月11日)

< 1 2 3 >
なぜソフトバンクホークスは、今年優勝できなかったのか?

 企業は毎年、期の初めにスローガンのようなものを掲げますよね。「コロナ禍の今こそ大きな変化を」とか、ストレートに「全社一丸○○億円!」とか。野球のチームも毎年、スローガンのようなものを掲げます。
 古い話ですが、長嶋監督が率いていたジャイアンツでは、「メイクミラクル」「メイクドラマ」などが有名です(野村監督からローマ字読みで「負けドラマ」などと冷やかされたこともありました…苦笑)。

 今回も野球の話で恐縮ですが、過去4年間、日本一になっていたソフトバンクホークスは、今シーズン、5連覇を狙っていたのですが、クライマックスシリーズにも参戦できない4位にとどまってしまいました。

 私は特定のチームのファンではありませんが、今年のシーズンが始まる前に、ホークスに対して、少しだけ悪い予感がしたのも事実です。その悪い予感の原因になったのが、今年のソフトバンクホークスのスローガンでした。





 2021年のソフトバンクホークスのスローガンが何だったかというと、『鷹く!』というものでした。「5連覇という、さらなる高みを目指そう」ということと「ホークスの鷹」をかけたものなのですが、最初に聞いたときに、「なんだか、そのまんまだし、ひねりが足らないなあ」と感じたのです。

 そして、このスローガンに至る過程で、「誰も(球団関係者も親会社の孫さんも)何も言わなかったのかな。5連覇に対して強い思いがあるのなら、もっと“練られた”スローガンを…という要望があってしかるべきなのに…」と正直に思ったのです。

 もちろん、これが今シーズンの不振のすべての原因だというわけではありませんし、あとからなら何とでも言えるという声も聞こえそうですが、とにかく『鷹く!』のスローガンに、なぜか一抹の不安を感じたのです。


スローガンに必要なのは、意味の共有ではなく、思いの共有

 私が過去のホークスのスローガンの中で、最初は「ん?」と思って、あとから意味を聞いて「これは素晴らしい!」と、心揺さぶられたのは、2011年の『ダ』でした。スローガンが『ダ』の一文字というのも極めて珍しいものです。


>>>次ページにつづく

※最新号のみ、会員登録(無料)なしで閲覧いただけます



●文/田中和彦(たなか かずひこ
株式会社プラネットファイブ代表取締役、人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー。1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、人材サービス関連企業に入社し、情報誌の編集長を歴任。その後、映画配給会社のプロデューサー、出版社代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、“今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール』(明日香出版社)、『時間に追われない39歳からの仕事術』(PHP文庫)、『仕事で眠れぬ夜に勇気をくれた言葉』(WAVE出版)など多数。
連絡先:info@planet-5.com
< 1 2 3 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[男性従業員のパートナーの出産予定を、会社はどう把握すればいいのか?〜ついに始まる「男性」の育児休業〜]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

知識ゼロからのDX入門/渋屋隆一

[第9回「小さな食堂がDXで売上5倍を実現した手順」]
近年、注目されているデジタルトランスフォーメーション(DX)について、言葉の定義から企業としての取り組み方まで、わかりやすく解説します。

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

[第9回「現場のサブリーダーを育てるメリット」]
店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook