「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏

第12回「リーダーのためのアンガーマネジメント活用法」

店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。(2022年3月15日)

< 1 2 >

 先月に行われた北京オリンピックでのハーフパイプの競技で、平野歩夢選手が金メダルを獲得しました。その日のインタビューで、2回目の滑走が評価されず、抱いた怒りのエネルギーを3回目の演技に注ぎ込んだことが功を奏したと語っていました。

 

 人間は感情の動物と言われるとおり、自分の周りで起こったことや、他人からされたことにより、感情を揺さぶられます。店長の立場であれば、スタッフの言動により一喜一憂することも多いでしょう。

 

 


 

 

心をセルフコントロールする

 

 キャンペーンやセール中で忙しいのに、パートのスタッフが急に週末に休みたいと言ってきた。「コロナで陽性になりました」と報告が入ったので、その後の対応を急いでしていると、その報告がうそであることが分かった。また、お客さまから心無いことを言われたり、上司から理不尽なことを言われたりしたときには、怒りの感情がこみ上げてきます。

 

 「怒り」の感情をあらわにして、周りにいる人に怒鳴ったり、物に当たったりすると、一時的にはスッキリします。でも、その気持ちは長くは続かず、すぐに後悔することになります。そういう言動を取ってしまったら、素直に反省して迷惑をかけたと思う人へ謝罪をするべきですが、一番良いのは、「心」をセルフコントロールできる自分になることです。

 

 お薦めはアンガーマネジメントを学ぶことです。怒りの感情をコントロールできれば、ちょっとしたことで腹が立つことがなくなるのでストレスフリーな状態になれます。感情の起伏の幅が小さくなります。人間関係も良好になります。

 

 

パワハラ防止法が中小企業にも適用

 

 また、4月からはいわゆるパワハラ防止法が大企業だけではなく、中小企業にも適用されます。パワーハラスメントへの関心が、今まで以上に高まり、店長を含むリーダーの言動に厳しい目が向けられることになります。そういう意味でも、心のセルフコントロールができることはとても大事であると言えます。アンガーマネジメントを身に付けるトレーニング法をご紹介しましょう。

 

■トレーニング(1)心の状態を捉える
 まずは、「心の状態」を捉えることから始めます。今、「何を考えているのか?」ではなく、「何を感じているのか?」に意識を向けます。「うれしいのか?」「楽しいのか?」「悲しいのか?」「いら立っているのか?」について、自分の感情に気付き、それを記録していきます。私自身、コーチングスキルを学んでいるときに、「感情ログ」を付けていました。AM9時、PM1時、PM6時と1日3回、「今の感情」を言葉で表して、スケジュール帳の余白に記入していました。

 

 朝からウキウキして気分が良ければ、AM9時のところに「楽しい」と記入します。そして、なぜ「楽しい」と感じているのか理由を考えます。これを継続していけば、3カ月くらいたったころから、感情に意識を向けることが自然にできるようになり、自分の状態を客観的に把握できるようになりました。

 

 

>>>次ページにつづく
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/岡本文宏(おかもと ふみひろ)
メンタルチャージISC研究所株式会社代表取締役、繁盛企業育成コーチ
アパレル店勤務、セブンイレブンFC店経営を経て、2005年メンタルチャージISC研究所を設立。中小企業経営者、エリアチェーンオーナー、店長などに向けた小さな組織の人に関する問題解決メソッドや、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供している。『人材マネジメント一問一答』(商業界)、『店長の一流、二流、三流』(明日香出版)、『繁盛店のやる気の育て方』(女性モード社)など著書多数。
https://okamotofumihiro.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

マンガ・ワーママ人事課長キノコさん

[第52回「2022年10月からパート等短時間労働者の社保適用拡大」]
難しい労働関連の法律や、雇用や働き方に関する社会の動きなどを、親しみやすいマンガで分かりやすく解説します。

キャリア支援ではじめる人材育成/高橋雅美

[第4回「社内制度でキャリアを開発し、離職を防ぐ」]
社員の自律的なキャリア形成の支援に取り組む企業が増えています。実際に取り組むときのやり方について、事例を交えて解説します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[公益社団法人京都保健会 京都協立病院/総合診療・多職種連携で、あるべき地域医療のカタチを目指して]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook