「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏一覧

  • 繁盛店になる店舗マネジメント/岡本文宏一覧

店舗マネジャー、FCオーナーとして14年、商店主専門のビジネスコーチとして16年、合わせて30年間、現場に関わってきた著者が解説します。

2021年11月30日第9回「現場のサブリーダーを育てるメリット」
 店長が1人で店を切り盛りするには限界があります。1人でマネジメントできる限界値は、経営学の用語でスパン・オブ・コントロールと呼ばれており、5〜8人程度が適正と…続きを読む
この記事のキーワード
2021年11月01日第8回「スタッフに伝えなければならないこと」
 緊急事態宣言などが一旦終了し、人々は徐々に今までの生活を取り戻しつつあります。このまま年末商戦まで事態が急変することがないことを願うばかりです。ただ、気温…続きを読む
この記事のキーワード
2021年10月05日第7回「モチベーションを高める『評価』のあり方」
 スタッフは経営者、店長からの『評価』を常に気にしています。自分は「どう評価されているのか?」を知る術として、一番分かりやすいのが昇給でしょう。アルバイト、…続きを読む
この記事のキーワード
2021年09月07日第6回「女子バスケット銀、快挙を成し遂げた戦略」
 多くの感動を生んだ、東京オリンピックが幕を閉じました。オリンピックに出場する選手は、選ばれた超一級のアスリートです。ですので、以前活躍した陸上のウサイン・…続きを読む
この記事のキーワード
2021年07月29日第5回「少人数でも成果を上げる3ポイント」
 コロナ禍で売上が減少した店舗は多いでしょう。そうなると、真っ先に人件費が削減されるので、ギリギリの人数で現場を回さなければなりません。それでも、売上目標の…続きを読む
この記事のキーワード
2021年07月01日第4回「スタッフにアドリブを求める前に行う大切なこと」
ラストシーンはアドリブ    映画『るろうに剣心 最終章The Final』をご覧になられたでしょうか? そのラストは、シリーズのエンディングを飾るのにふさわしい感…続きを読む
この記事のキーワード
2021年06月03日第3回「企業文化で高い定着率を実現する小児歯科」
採用に苦労することが減る    長年、地域や顧客に愛され続ける繁盛店には必ず、「企業文化」が存在しています。企業文化とは、その企業の中にいる人たちが共有し…続きを読む
この記事のキーワード
2021年05月06日第2回「視点を変える」
店長としては三流以下    コロナ禍に陥り、対面接客がなかなかやりづらい中でも、店長は予算達成をミッションに、日々、孤軍奮闘しています。    そうした…続きを読む
この記事のキーワード
2021年04月01日第1回「激動の時代はチームで成果を出そう!」
店は、店長で9割決まる!    商店主専門ビジネスコーチとして16年、それ以前は、アパレル専門店チェーン勤務とセブンイレブンのFCオーナーとして14年、店舗の現…続きを読む
この記事のキーワード

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働トラブルの予防線

[賃金トラブルになりがちな4事案]
人事労務に関するトラブルは、労働者と雇用主の双方にとって負担となります。職場でトラブルになりがちなことについて、予防の観点から解説します。

【企業に聞く】人が活きる組織

[株式会社ウィローズ/ホワイト経営で、高い定着率と過去5年平均150%強の業績アップを実現]
やる気を引き出す仕組みや教育制度などの人事施策や、働きやすい職場環境の実現など、人に関する企業事例を紹介します。

しごとごはん/中野ヤスコ(管理栄養士・調理師)

[何を食べるかより、「いつ」食べるか〜食事と生活のリズムを見直す〜]
働く人の体やメンタルの不調を改善したり、健康を維持するための食事やレシピなどを紹介します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook