「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

働くヒトのメンタルケア/大美賀直子

GW明けから続く不調。スタッフの「五月病」を和らげる上司の上手な言葉かけ

職場や家庭など、日常のさまざまなシーンで起こるメンタルの不調やストレスへの対処を解説します。(2022年5月17日)

< 1 2 >

最近元気がないスタッフは「五月病」かも? 10項目でチェックしよう

 

 ゴールデンウイークが明けるころは、年度替わりから続いていた緊張の糸が切れ、心身の疲れが表れやすくなる時期です。この時期に気をつけたいのが「五月病」。五月病とは、新年度のストレスを乗り越えた人が、ゴールデンウイーク明けごろから急に意欲をなくす心身の不調です。

 

 

 

 

 最近、スタッフに次のような変化が生じていないか、10項目をチェックしてみましょう。5つ以上当てはまれば、五月病の可能性が高いと考えられます。

 

・定時ギリギリに出勤するようになった
・眠そうな様子をしており、よくあくびをしている
・あいさつの声に張りがない、うつむき加減であいさつする

 

・「朝食を食べなくなった」と言う。昼食の量もとても少なくなった
・午前中は特に元気がなく、ぼーっとしていることが増えた

・仕事でのミスが増えた。もの忘れが増えた

 

・書類を期限ぎりぎりに提出するようになった
・どことなく顔つきが暗い。憂うつそうな表情をしている
・服装や髪の乱れが目立つ。だらしない印象になった
・会話をしたがらない。一人でいることが増えた

 

 

仕事の悩みが原因なら、上司が上手に気持ちを聞いてみよう

 

 五月病は医学的な病名ではなく、多くは一過性の不調です。仕事が終わったら早めに帰宅し、十分な睡眠をとって体を休ませること。そして、しっかり気分転換することができれば、じきに回復するでしょう。

 

 一方、不調の原因に仕事の悩みがある場合、セルフケアだけで回復させるのは難しいものです。上司が上手に気持ちを聞きだし、相談に乗ってあげる必要があります。スタッフの気持ちを聞く際には、相手の「どの行動が以前と変化しているのか」を具体的に示し、心配しているという気持ちを伝えることが重要です。

 

 「最近、定時ギリギリに出勤するようになったよね。あいさつの声にも張りがないし、食欲もだいぶ減っているようだけど、思いつめていることでもあるのかな?」。このように相手の行動の変化を具体的に伝えると、スタッフも不調の理由を打ち明けやすくなるでしょう。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/大美賀直子(おおみか なおこ)
メンタルケア・コンサルタント、公認心理師・産業カウンセラー
大学卒業後、出版社やIT関連企業などで編集職に携わった後、独立。心理学を学び、メンタルヘルスに関するさまざまな資格を取得。インターネットやテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など、多様なメディアでメンタルヘルスやコミュニケーションに関する情報発信を行う。働く人の心の健康に関する造詣が深く、産業分野でのカウンセラー、研修講師として十数年の実績をもつ。所有資格は公認心理師、精神保健福祉士(以上、国家資格)、産業カウンセラー。著書に『大人になっても思春期な女子たち』(青春出版社)、『働く私の「自分時間」』(明日香出版社)、『どうして会社に行くのが嫌なのか』(アスキー新書)など多数。
https://www.mentalcare555.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第75回「簡単にだまされた人たち」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

人材育成のツボ

[研修は1つの物語だ〜ストーリー仕立てに研修を作ることの大切さ〜]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。

おさえておきたい人事労務トレンド/飯塚知世

[第3回「HRテック導入する〜入社手続き編〜」]
人事労務に関わる業務で、知っておきたいトレンドやこれから注目されることなどについて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook