「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

働くヒトのメンタルケア/大美賀直子

ミスをした部下のモチベーションを下げずに指導するには?〜カギは「質問」の投げ方〜

職場や家庭など、日常のさまざまなシーンで起こるメンタルの不調やストレスへの対処を解説します。(2022年6月14日)

< 1 2 >

モチベーションの下がりやすい季節には、ミスが生じやすくなる

 

 6月から7月半ばごろにかけては、1年のうちでも仕事へのモチベーションが最も下がりやすい季節の1つだと言われています。4月入社の新規スタッフは、職場の雰囲気に慣れ、仕事の全体像を把握し始めるころ。「思い描いていたのと違うな」「自分に向いているのだろうか?」などと考え始め、仕事への迷いが生じやすい時期でもあります。既存スタッフは、この時期は梅雨の気だるさも手伝って、中だるみをしやすい傾向があります。

 

 こうした状況にあると、ケアレスミスやインシデントが生じやすく、上司はハラハラさせられることが増えるかもしれません。しかし、ミスをきっかけに前向きに話し合えれば、部下のモチベーションは回復し、生産性も向上していきます。

 

 

 

 

「なぜ?」「どうして?」と部下を詰問すると、防衛体制をとられてしまう

 

 ミスをした部下を注意する際には、言葉の選び方に気をつけなければなりません。例えば、次のような言葉で叱っていませんか?

 

・なぜ、この点に気づかなかったの?
・なぜ、事前にきちんと確認しなかったの?
・どうして、気をつけていなかったの?

 

 このように「なぜ?」「どうして?」という質問をいくつも浴びせると、受けた人の脳はその言葉を「攻撃」と認識し、とっさに防衛体制をとろうとします。すると、「え〜っと、先輩から事前に連絡を受けていなかったので…」と確認ミスを棚に上げて言い逃れをしたり、「1人しか現場にいないので、確認しようがないじゃないですか!」と逆ギレしたり、「分かりません」と貝のように固まって思考停止状態になってしまったり…。そんな反応に終始してしまうものです。

 

 

問題の原因分析は大切。ただし、ミスをした本人を追及しすぎると逆効果

 

 もちろん、問題の原因を探ろうとすることが、すべて悪いわけではありません。例えば、自動車メーカーのトヨタには「5回のなぜ」という考え方があります。問題が生じたときに「なぜこうなったのか?」と5回分析を繰り返し、問題の真因を突き止めることが再発防止の徹底に役立つとされています。

 

 しかし、この「なぜ?」「どうして?」を使ってミスを起こした本人を追及しすぎると、受けた側の心では、上記で説明したような防衛本能が喚起されて本人は反省できず、再発防止策のアイデアも浮かばなくなってしまいます。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/大美賀直子(おおみか なおこ)
メンタルケア・コンサルタント、公認心理師・産業カウンセラー
大学卒業後、出版社やIT関連企業などで編集職に携わった後、独立。心理学を学び、メンタルヘルスに関するさまざまな資格を取得。インターネットやテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など、多様なメディアでメンタルヘルスやコミュニケーションに関する情報発信を行う。働く人の心の健康に関する造詣が深く、産業分野でのカウンセラー、研修講師として十数年の実績をもつ。所有資格は公認心理師、精神保健福祉士(以上、国家資格)、産業カウンセラー。著書に『大人になっても思春期な女子たち』(青春出版社)、『働く私の「自分時間」』(明日香出版社)、『どうして会社に行くのが嫌なのか』(アスキー新書)など多数。
https://www.mentalcare555.com/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[5年後の平均時給を予測する]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

応募者を見極める選考基準の新常識/奥山典昭

[第5回「発言量で、重要な能力を測ることはできない」]
採用選考の常識や通念はアップデートされずに根付いているものが多く、合理性を伴わないものも少なくありません。既成概念から脱し、自社に必要な人を採用するための、新しい考え方や知識を解説します。

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

[第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」]
職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook