「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

管理職のためのセルフ・ストレスケア講座/高橋雅美

第1回「昇進、昇格もストレスに〜建設業・50代Aさん〜」

管理職は、さまざまなストレスにさらされています。ストレスへの正しい理解とその対処法について、事例を用いて解説します。(2022年10月27日)

< 1 2 >

 オンラインなどの働き方の多様化や、世代・ジェンダーによる価値観の多様化が進み、管理職は多種多様なストレスを感じることが増えています。プレイングマネジャーとして働いている方も多く、業務量は増える一方です。加えて、上位職とも部下とも円滑なコミュニケーションが求められ、人間関係ストレスにもさらされています。

 

 この連載は、管理職が知っておくべき自身のストレスへの正しい理解と対処法について、事例を用いて分かりやすく解説します。

 

 

【事例】ストレスに気づかず放置/建設業・50代管理職Aさん

 

 コロナ禍で外出制限が出ていた時期から、Aさんの楽しみは夜、自宅でお酒を飲みながらお気に入りのアーティストの動画を観ること。職場では新しい仕事を任されて頑張っているが、最近睡眠が浅くなっており、朝早く目が覚めてしまうこともしばしばある。休日はできるだけのんびり過ごしているが、疲れが取れたという実感がない。「50代に入り、年齢のせいかな」と思いながら、日々を過ごしている。

 

 

 

 

<セルフ・ストレスケアのポイント>

 

良い出来事もストレスになる

 

 Aさんは新しい仕事を任され、順調のように見えます。会社に評価されており、ストレスは少ないと考えてしまうかもしれません。しかし、昇進や昇格、結婚や引っ越しなどのうれしい出来事も「変化」であり、ストレスの原因になり得るのです。

 

 たとえ良いことであっても、これまで経験したことのない出来事や環境の変化などがあれば、ストレスとなる可能性が高いことを理解しておきましょう。Aさんの場合、新しい仕事を任されたという出来事がストレスになっているのかもしれません。

 

 

ストレスを受けているときの体調変化

 

 最近のAさんは睡眠が浅く、疲れが取れないなど、体への症状も出ています。ストレスを受けたときに、体に反応が出る人もいます。ストレスは気持ちが落ち込んだり、イライラしたり、不安が大きくなるなど、気持ちの面に反応が出ると思われがちです。しかし、腹痛や頭痛になる人もいれば、ミスが多くなったり、買い物に依存するなど、行動面に出る人もいます。

 

 ストレスを感じたときに、自分に起こりやすい変化を知っておくとよいでしょう。特に、睡眠に支障が出たり、食欲不振に陥る場合は、翌日の活力に影響するため、注意が必要です。

 

 

>>>次ページにつづく

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく

 


●文/盒恐軾(たかはし まさみ)
株式会社ココティアコンサルティング代表
大学卒業後、大手化学メーカー、外資系製薬会社勤務を経て、2013年にカウンセリングルームを開設し、心理カウンセラーとして独立。2017年、組織で働く人たちが心身共に健康で、イキイキと働ける職場づくりをサポートする株式会社ココティアコンサルティングを設立。所有資格は公認心理師、キャリアコンサルタント(以上、国家資格)、臨床心理士(公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会認定)など。
https://cocotia.co.jp/

< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

ココロの座標/河田俊男

[第97回「仕事が遅い理由」]
人の心が引き起こすさまざまなトラブルを取り上げ、その背景や解決方法、予防策などを探ります。

事例で考える困ったときのマネジメント対応/山田真由子

[第1回「セクハラを受けていると相談されたら」]
働き方や価値観が多様化する中、マネジメントは個別対応が求められています。さまざまな事例から、マネジャーに求められる対応を解説します。

人材育成のツボ

[組織の生産性向上へのカギ、「EQ」について考える]
アイデムの人材育成・研修部門の担当者が、日々の業務やお客さまとの対話から感じたことなどをつづります。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook