「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

働くヒトのメンタルケア/大美賀直子

ストレスに強い性格「タイプB」の目指し方

職場や家庭など、日常のさまざまなシーンで起こるメンタルの不調やストレスへの対処を解説します。(2023年3月14日)

< 1 2 >
ストレスをためやすい性格(1)せっかちで競争心が強い「タイプA」

 同じ状況に置かれても、ストレスを感じやすい人とそうでない人がいます。仕事は長く続けていく活動ですから、思考や行動の工夫によって、できるだけストレスを減らしていくことが必要です。





 ストレスをためやすい性格は2種類あると言われています。1つは「タイプA」と呼ばれる性格です。「タイプA」とは、せっかちで待つのが苦手、競争心が強くていつも時間に追われ、イライラしてしまう人です。アメリカの医師、M.フリードマンとR.H.ローゼンマンの研究によると、タイプAに当てはまる人は、逆のタイプ(後に説明する「タイプB」)に比べて虚血性心疾患に罹患する確率が高くなることが分かりました。ご自身がタイプAに近いかどうか、チェックしてみましょう。

<タイプA傾向チェック>
・いつも時間に追われている感じがある
・早口で話し、会話を早く切り上げようとする
・ゆっくりやっている人を見るとイライラする
・待つことが苦手。手持ちぶさたな時間も苦手
・同時に複数のことをやらなければ気が済まない
・自分と似た性格の人に会うと競争心が湧く
・なんでも数字、数値で評価しがちになる
(上記に多く当てはまるほど、タイプAに近いと考えられます)


ストレスをためやすい性格(2)人に気を使いすぎる「タイプC」

 ストレスをためやすいもう1つの性格は、「タイプC」です。ネガティブな感情を出さず、控えめで、どんなときでも笑顔を絶やさない人です。アメリカの心理学者、R.テモショックの報告によると、メラノーマ(皮膚がん)患者にはタイプCに当てはまる性格の人が多いとされています。ご自身がタイプCに近いかどうか、チェックしてみましょう。

<タイプC傾向チェック>
・他人より劣っていると思うことが多い
・助けを求めたり、希望を伝えたりすることをためらう
・他人の意向や希望をいつも優先している
・頼まれたら、やりたくないことでも断らないほう
・どちらかというと元気がない
・怒りやネガティブな感情に気づかないことが多い
・いつもポジティブで「良い人」でいることが大事だと思う
(上記に多く当てはまるほど、タイプCに近いと考えられます)
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく


●文/大美賀直子(おおみか なおこ)
メンタルケア・コンサルタント、公認心理師・産業カウンセラー
大学卒業後、出版社やIT関連企業などで編集職に携わった後、独立。心理学を学び、メンタルヘルスに関するさまざまな資格を取得。インターネットやテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など、多様なメディアでメンタルヘルスやコミュニケーションに関する情報発信を行う。働く人の心の健康に関する造詣が深く、産業分野でのカウンセラー、研修講師として十数年の実績をもつ。所有資格は公認心理師、精神保健福祉士(以上、国家資格)、産業カウンセラー。著書に『大人になっても思春期な女子たち』(青春出版社)、『働く私の「自分時間」』(明日香出版社)、『どうして会社に行くのが嫌なのか』(アスキー新書)など多数。
https://www.mentalcare555.com/
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[5年後の平均時給を予測する]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

応募者を見極める選考基準の新常識/奥山典昭

[第5回「発言量で、重要な能力を測ることはできない」]
採用選考の常識や通念はアップデートされずに根付いているものが多く、合理性を伴わないものも少なくありません。既成概念から脱し、自社に必要な人を採用するための、新しい考え方や知識を解説します。

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

[第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」]
職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook