「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!

「経営者やパート従業員の意識」等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

「平均時給 の検索」「時給の平均や動向」等について、データを作成。労働市場の現状が分かります。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

アイデム人と仕事研究所では、「ビジネスマナーのブラッシュアップ」「新入社員の戦力化」「職種別・階層別の知識・スキルアップ」等につながるセミナーを開催しています。

*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

第2回「仕事ができないベテラン社員」

職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。(2023年5月16日)

< 1 2 >
 上司よりも社歴や年齢が上の部下がいるというケースは、今や当たり前です。ただ、ベテランの中には、仕事ができない社員もいます。そうした場合、成果を上げられないことや失敗に対して苦言を呈することを躊躇してしまうこともあるはずです。

 その部下が、自分が新人時代にお世話になった先輩や当時の上司であったとしたならば、なおさらでしょう。今回は、仕事ができないベテラン社員の対処法について、ご紹介しましょう。





 自分よりもはるか前に入社しているベテラン社員だからといって、気を使いすぎて、伝えなければならないことを伝えられないのでは、上司として失格です。年齢や社歴が上の相手でも、組織の中の役職においてあなたが上位であれば、上司としての立場で振る舞う必要があります。

 もちろん、役職を外せば人生の先輩であるわけですから、その点は敬意を持って接することも忘れないようにしてください。私がアパレル専門店チェーンのマネジャーをしていたときは、年上の部下には必ず敬語を使って話しかけるようにしていました。


相手の気持ちをくみ取る

 また、ベテラン社員なのに「なんでこんなことができないのだろうか?」と思い、腹立たしく感じることがあるかもしれません。この場合、そもそも基礎的なことが分かっていないことが考えられます。何年も仕事をしているのに、「そんなはずはない」と思われるかもしれませんが、年齢や社歴に関係なく、スキルの習得度合いや知識量が劣っているケースは多々あります。

 これまで、我流で仕事をこなしてきていたので、正しいやり方を忘れてしまっている場合もあります、それゆえ、成果を出すことができないのです。

 まずは、そのスタッフが「何が分かっていないのか?」「できないのか?」を明確にすることです。手間はかかりますが、作業であれば1つずつやらせてみて、正しく理解できていないところを見つけていきましょう。

 IT機器やアプリなどの操作があやふやというケースもあるでしょうが、ベテラン社員の中にはプライドが高い人もいるでしょう。他のスタッフが見ている前で、間違いを指摘するなどは避けてください。相手の気持ちをくみ取りながら指導を行うことが不可欠です。
※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です
<会員サービスのご案内はコチラ>
につづく


●文/岡本文宏(おかもと ふみひろ)
メンタルチャージISC研究所株式会社代表取締役、繁盛企業育成コーチ
アパレル店勤務、セブンイレブンFC店経営を経て、2005年メンタルチャージISC研究所を設立。中小企業経営者、エリアチェーンオーナー、店長などに向けた小さな組織の人に関する問題解決メソッドや、スタッフを活用して業績アップを実現する『繁盛店づくり』のノウハウを提供している。『人材マネジメント一問一答』(商業界)、『店長の一流、二流、三流』(明日香出版)、『繁盛店のやる気の育て方』(女性モード社)など著書多数。
https://okamotofumihiro.com/
< 1 2 >

この記事のキーワード

クリックすることで関連する記事・データを一覧で表示することができます。

一覧ページへ戻る

2ページ目以降をご覧になるには、会員ログインが必要です。
会員登録(無料)がお済みでない方はこちら

会員登録(無料)はこちら

その他のコラム記事を見る

人気記事ランキング

労働ニュースに思うこと

[5年後の平均時給を予測する]
個人の働き方や企業の人事労務、行政の労働施策など、労働に関するニュースを取り上げ、課題の解説や考察、所感などをつづります。

応募者を見極める選考基準の新常識/奥山典昭

[第5回「発言量で、重要な能力を測ることはできない」]
採用選考の常識や通念はアップデートされずに根付いているものが多く、合理性を伴わないものも少なくありません。既成概念から脱し、自社に必要な人を採用するための、新しい考え方や知識を解説します。

現場を困らせる問題スタッフ対処法/岡本文宏

[第11回「要領が悪く仕事が遅いタイプ」]
職場によくいる問題スタッフを「どのようにマネジメントすればいいのか?」、具体的な対処法をタイプ別に事例を交えて解説します。
注目のコンテンツ

人と仕事研究所Facebook